1. Home
  2. ライフスタイル
  3. だるい雨の日は女性が主役のスポ根映画で気合いを入れる

だるい雨の日は女性が主役のスポ根映画で気合いを入れる

だるい雨の日は女性が主役のスポ根映画で気合いを入れる

梅雨は、毎日の雨にうんざり......。外出する気分にならない日には、女性が主人公の「スポ根」系映画で、元気を出しましょう。

『タイピスト!』(2012年)

1950年代後半、フランスの片田舎のビジネスマンと新しい秘書。彼は、秘書のタイプの才能を見抜き、フランス一、いや、世界一のタイピストに育てるべく特訓を開始。

『ロッキー』のような根性物語で、タイプコンペティションは、見ていて思わず力が入ります。でも、ジャンルはロマンチックコメディなんです。

主人公ローズを演じたデボラ・フランソワは、撮影前に半年の特訓を積み、タイプシーンをすべて演じました。彼女の女優魂も、このチャーミングな映画を支えています。

ローズの女心がまったくわかっていない上司には、私のお気に入りのロマン・デュリス。彼は、飛雄馬を鍛える星一徹のよう(たとえが古くってスミマセン)。

うーん、このふたりに明るい未来はあるのでしょうか?

50年代フランスのレトロな衣装やセットデザインも必見。私のタイプライター歴の原点は、中学時代の手動ポータブルのオリベッティ。だから、映画に登場するビンテージのタイプライターは、どれも垂涎モノでした。

『ピッチ・パーフェクト』(2012年)

メンバーは女子だけの、大学競技アカペラグループが全米トップの座を目指す、音楽系根性もの。

歌の練習はもちろん、体力トレーニングやダイエット、おまけに恋愛禁止令まで。上級生が課す規則はけっこう厳しい!

競技アカペラなんてあるのかと思ったら、あるんです。映画に登場するICCAも実在の団体と知って、驚きました。

アメリカの学園ものは、大学事情を知っていると、もっと楽しめます(学校や地域によって多少の違いあり)。

一般的なアメリカの大学のスケジュール

8月末〜9月初め:新学年開始

3月の1週間:春休み。親元へ戻るか、旅行をする学生がほとんど。寮に残るのは少数派です。

5月末〜6月初め:学年終了、卒業式

大学によっては、1年生に入寮を課すところも。どうやらバーデン大学はそのようです。

それから、大学のラジオ局。地元のいちラジオ局として機能しています。春休みに、主人公のベッカが、DJだけではなく、自分がミックスした曲をプレイできることになって、大喜び。これは、音楽プロデューサーをめざす彼女にとっては、多くのリスナーを得ることになり、夢への大きな一歩になるからなんですね。

個性的でパワフルなガールズ、彼女たちのチームワーク、そして、アカペラで歌われる80年代以降のポップスやロック、ヒップホップやラップがすばらしい! の一言。

とくに洋楽の好きな友だちと一緒に観たら、盛りあがらずにはいられません。この映画の魅力はまだまだ書き足らないほど。いちおしです。

『ピッチ・パーフェクト2』(2015年)

前作から3年、そして物語も3年後を描いた続編。主人公ベッカは4年生。「ベラーズ」の新メンバーとともに、次の目標は世界一!?

こちらもすばらしいアカペラとダンスがたっぷり。もっと観たい、聴きたい! というファンには朗報が。パート3が進行中、来夏公開予定です。

『プリティ・リーグ』(1992年)

最後の1本は、史実に基づいた、本当のスポーツものを。

第2次世界大戦中、穴の空いたプロ野球リーグを埋めるために結成された女子リーグ。差別や侮辱を受けながらも、身体を張って全力を尽くす彼女たちを応援せずにはいられません。

主人公のキャッチャー、ドティを演じたのは、ジーナ・デイヴィス。

にじみ出るトップ選手の貫禄と運動神経は、2000年のシドニー・オリンピックのアーチェリー米国代表の座にあと一歩だったというジーナの経歴を知れば、ますます納得です。

原題は『A League of Their Own』。Leagueにはふたつの意味が込められています。日本でも「Jリーグ」や「プロ野球リーグ」のように使われている「league」。文字どおり、「彼女たち自身の、女性の野球リーグ」という意味がひとつ目。

英語で「She is out of my league.(彼女は僕には高嶺の花)」という表現があります。この場合は、「彼女はすばらしくて、自分にはつりあわない、手が届かないレベル」ということ。だから、原題には、「秀でた、別格レベルの女性たちの一団」という意味もあるんです。

実際には、1943年から1954年まで続いた「全米女子プロ野球リーグ」。それに関わった女性たちが、「a league of their own」だったことは想像に難くありません。そう、『A League of Their Own』は、物語と主人公たちを的確に要約した、すばらしいタイトルなんです。

実務、音楽、スポーツと、活躍の舞台は違えど、どれもスポ根ものに通じる熱気満々の映画。スクリーンの女性たちから刺激とやる気をもらえます。

Los Angeles Times

photo by Shutterstock

あわせて読みたい

6月はブライダルシーズン。結婚式にまつわる人間模様を映画でのぞき見

カンヌ大絶賛。アメリカの結婚事情を変えた映画『Loving』の主演女優

GWは「NYで生きていく」を映画で観る(後編)

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    だるい雨の日は女性が主役のスポ根映画で気合いを入れる

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。