1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 夏のトレンドジュエリーずらり。カンヌに咲いたブシュロンの華

夏のトレンドジュエリーずらり。カンヌに咲いたブシュロンの華

夏のトレンドジュエリーずらり。カンヌに咲いたブシュロンの華

2016年のカンヌ国際映画祭でも、レッドカーペットでは華やかなドレス、そしてジュエリーが数多く見られました。

ステートメント的なネックレスやイヤリングがストリートでも引き続きトレンドですが、ハイジュエリーにもその流れははっきりと見られます。

なかでも目を引いたのが、ボリュームあるアイテムにダイヤモンドをぜいたくに散りばめたブシュロンのジュエリーたち

レッドカーペットならではの非日常的なリュクスでありながら、それぞれに現在の空気を感じさせる要素がありました。気になったポイントをご紹介していきます。

自然をモチーフとしたチョーカー

ジュエリー情報サイト「JCKでは、今年のジュエリートレンドとして、チョーカーやアシンメトリーなデザイン、そして花や植物などのフェミニンなモチーフをとりあげていました。

それらにすべてあてはまっていたのが、モデルのリウ・ウェンが着用していたこのチョーカーです。

160604_boucheron_liu1.jpg

こちらは「Blé d'Eté」(夏の麦)と名付けられたコレクションで、おそろいのリングもあります。トレンド感とともに季節感にもあふれていて、青い花のドレスともぴったりですね。

リウ・ウェンは別のシーンでもフラワーモチーフの装いを披露していました。

こちらは「Pensée de diamants 」のブレスレットですが、野の花を摘んでそのまま手首に巻きつけたようなデザインが愛らしいです。これをハイジュエリーで実現しているところが本当にぜいたくですね。

160604_boucheron_liu2.jpg

モデルのトニ・ガーンも植物モチーフのチョーカー「Fleur du Jour」を着用していましたが、手首にアイビーをからめたようなブレスレット「Lierre de Lumière」ともども、ナチュラルなフォルムが素敵です。

160604_boucheron_toni2.jpg

ちなみにこのブレスレットをよくよく見ると、葉っぱの中の1枚に、ホワイトゴールドでできた時計を埋め込んだものがあるんです。

これは「New York Timesによると、1940年代から50年代に流行した「シークレット・タイムピース」と言われるもの。自分はAppleWatchを身に着けていて本当にいいのか、と悩んでしまいました。

オーバーサイズのイヤリング

さてこの季節、イヤリングは大きめが楽しいものですが、いつにも増して大きくなっているのがいまどきのイヤリングです。

モデルのアレッサンドラ・アンブロジオが着けていたのは、水晶にパヴェダイヤモンドを散りばめたイヤリング「Ricochet」。

160604_boucheron_alessandra.jpg

手首に輝くブレスレット「Pégase」は、名前の通りペガサスをモチーフとしたものです。ドレスもスパークルで統一して、圧倒的な華やかさですね。

一方、同じイヤリング「Ricochet」をより印象的に見せていたのは女優のレイラ・ベクティ。黒のシンプルなドレスとダイヤモンドのシンプルな組み合わせが、彼女の知的な雰囲気をより引き立たせています。

160604_boucheron_leila.jpg

女優のアナ・ジラルドは、新作コレクション「26 Vendôme」から、大ぶりのダイヤモンドをふんだんに使ったペンダントイヤリングを着けていました。

160604_boucheron_ana.jpg

「26 Vendôme」の名前の由来は、ブシュロンが19世紀から居を構えているパリのブティックの住所にあり、このブランドにとっては特別な意味があります。そんな最高のジュエリーをまとっていてもヘアはエフォートレス、がまさにいまの気分ですね。

手元にはリングをいくつでも

ひとつの手にいくつもリングを着けるのもトレンドですが、それがとても似合っていてキュートだったのが女優のゲイア・ウェイス。

160604_boucheron_gaia.jpg

この左手のリング、どうなってるの? と思ったら、クジャクモチーフのリング「Hera」をふたつ、向かい合うように重ね着けしているんです。さらに右手には、ブシュロンのアイコンでもあるスネークをモチーフとしたリング「Kaa」と、リング「Ricochet」を並べています。

女優のアイシュワリヤー・ラーイのように、大きな色石の動物モチーフ(こちらはハチドリの「Hopi Le Colibri」)のリングでボリュームを出すのも可愛いです。

160604_boucheron_aishwarya.jpg

ブシュロンには他にもハリネズミやフクロウ、白鳥などなど、女性の心をくすぐる動物モチーフのリングがたくさんあります。見ているとつい「リングなら買えるかも......」と思えてきてしまいます。

実際手に入れられるかどうかはさておき、カンヌの軽やかなエレガンスともあいまって、見ているだけで心潤うジュエリーたちでした。

Boucheron, JCK, New York Times, W Magazine

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • hatena
福田ミホ
ライター、翻訳者。アパレル企業、IT企業を経て、フリーランスに。ギズモードで翻訳、ItMamaでライターを担当し、読者の方が前向きになれる情報発信を心がけています。ブログでは、ファッションや語学、ライフスタイルについての情報を共有しています。ニューヨーク郊外在住。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。