1. Home
  2. ライフスタイル
  3. チップは多いほうがいい...わけでもない。海外で失敗しない大人のマナー

チップは多いほうがいい...わけでもない。海外で失敗しない大人のマナー

チップは多いほうがいい...わけでもない。海外で失敗しない大人のマナー

海外と日本の大きな風習の違いと言えば「チップ」。

慣れない習慣に戸惑ってしまい、スマートな支払いができなかったという話をよく耳にします。チップは仕組みとコツを知ればとても簡単! いまさら聞けない海外旅行時のチップについて解説します。

国によって異なるチップ事情

サービス業で働く人にとって、チップは大切な収入源の一部。ファストフードやセルフサービスのお店以外のレストランやタクシーではチップを支払うのがマナーです。その理由は、「サービスはお金になるから行うもの」という考えがあるからです。日本のように「サービス無料」という精神はありません。

とはいえ、「海外ではどこの国でもチップは必須」と言えるか否か......。欧米やアジア数か国を旅してきたわたしの感想からは、そうとも言い切れないというのが本音。たとえば、アメリカでは当たり前のピローチップ。ハウスキーパーへのお礼として1~5ドル(ホテルのランクによって異なります)を置くのが常識ですが、イタリアでは受け取らないホテルもありました。

また、パリのレストランで食事をした際、レシートにサービス料が含まれているからチップは不要と思い込み、そのままの金額を記入してカードで支払おうとしたわたし。同席した友人に「なにか失礼があったの? おいしくなかったの?」と心配された過去があります。満足できるサービスを受けたなら支払うのがマナーと、チップの意味を改めて実感した出来事です。

では、タイやベトナムといったアジア圏ではどうでしょう。もともとアジアではチップという習慣はありませんでした。ところが、観光ビジネスの欧米化が進んだことにより、観光客慣れしている地域ではサービスの良し悪しにかかわらず、最初からチップ代金を記入した明細を提示する飲食店も少なからずあります。

本来、チップは「良いサービスを受けたお礼」であるはずなのに、その部分だけが欠落しているのが現状。また、欧米の感覚で紙幣をチップとして渡すと、ずっと後を付きまとわれたり、ゆすりやたかりの標的にされたりするケースも少なくありません。

アジア圏においては、高級ホテルやレストランにおいては欧米と同じ感覚で代金の10~15%のチップを支払うのが無難ですが、それ以外のサービス(ガイドや道を教えてもらったときなど)は飲み物程度の金額を参考に。渡す際も「これで飲み物でもどうぞ」と言い添えるようにしましょう。

チップは多ければ良いは間違い!?

このように、チップとは本来、サービスの対価として支払われるものです。ところが、チップに不慣れな日本人観光客をみると、サービスの質にかかわらず、図ったように20%程度のチップを支払っている人を多く見かけます。そんなときに思い出すのがダイナーで働くアメリカ人の友人の言葉。

「日本人はサービスをしてもしなくても文句を言わずにたくさんチップをくれる。それなのにSNSで後から不平不満を言う。文句があるならその場で言うべき!」

欧米では良くも悪くも「サービスはお金になるから行う」という文化が根づいています。そのため、お金を支払う側は不満があれば意見を述べて当然。そのうえでチップの金額を決めて良いのです。わたしがレストランにおいて、大まかに設定しているチップの金額は、

良いサービスを受けたとき:20 %程度 ・普通のサービスだったとき:15 %程度 ・サービスに不満があったとき:10 %程度

といったところ。あくまで目安ではありますが、サービスの質に合わせて金額を決めることは決して失礼なことではありません。

もう迷わない! チップのスマートな支払い方

さて、次に厄介なのがチップの渡し方です。現金で支払うことが多いタクシーの場合は、お釣りを受け取らずに降車するのがスマート。たとえば、タクシー代が25ドルでチップを10%とすると27.5ドルになりますが、30ドルを渡して「Keep the change, please.(お釣りはとっておいて)」と言ってみてはいかがでしょう。

万が一、50ドル紙幣しかない場合は、「20 dollars back, please.(20ドルだけ返してくれる?)」と、お釣りを要求してももちろんOK。ただし、タクシーの運転手によってはお釣りを用意していないこともあるので、10ドルや20ドル紙幣は常に用意しておくことをおすすめします。

飲食代と含めてチップをクレジットカードで支払う場合は次の手順を参考にしてみてくださいね。

(1)レシートの金額を確認する (2)レシートの中に「Tip」または「Gratuity 」といった欄がある場合は満足度に応じて食事代の10%~20%程度の額を記入。TOTALを記入する欄があったら最終合計金額も一緒に記入を (3)レシートと一緒にクレジットカードを置いてテーブルの端に置く (4)レシートの控えとクレジットカードが戻ってきたら、先ほど記入した金額と決済額が同じであることを確認して席を立つ

欧米ではテーブルごとに担当者がいます。料理のオーダーも会計も同じ人に依頼をするようにしましょう。もちろん、チップもその人に支払われます。

この場合もタクシー同様、端数が出ない切りの良い金額を合計金額に記入するのが大人のマナー。飲食代が67.9ドルでチップを10%とすると、74.13ドル。合計金額に75ドルを支払うと良いでしょう。

飲食代はカードで払い、チップは現金でという方法もありますが、その際、気をつけたいのが紙幣で渡すこと。同じ金額でもコインをジャラジャラと置くのはナンセンス。また、1セント硬貨をチップに加えることはおつり全額をチップにしない限り、侮辱的な意味合いになるので控えましょう。

チップの習慣がない日本人にとっては少し面倒ではありますが、ちょっとしたコツを覚えておけば以外と簡単。ぜひ、スマートなチッピングテクニックをマスターして、海外旅行を楽しんでくださいね。

image via Shutterstock

あわせて読みたい

あなたは大丈夫? 海外旅行で嫌われる日本人の行動

こんなときどうする? 元マダムに聞くレストランマナー

あなたは、旅先のレストランやホテルで上質なもてなしを受けられる女?

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

ねこ りょうこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    チップは多いほうがいい...わけでもない。海外で失敗しない大人のマナー

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。