1. Home
  2. ライフスタイル
  3. #10 タイマッサージにこだわる。ならば医療機関の伝統治療を【大人目線のバンコク案内】

#10 タイマッサージにこだわる。ならば医療機関の伝統治療を【大人目線のバンコク案内】

#10 タイマッサージにこだわる。ならば医療機関の伝統治療を【大人目線のバンコク案内】

タイに行ったら毎日でも受けたいマッサージ。どうせ受けるなら揉みほぐすだけでなく、体の不調も治したいもの。ならば、街なかのマッサージ店ではなく、医療機関の専門施設を選ぶほうが確実に近道。常日頃から婦人科系の疾患に悩むタイ在住ライターが、2軒の専門施設を訪ねてきました。

タイ王室御用達病院の伝統治療セクション

20160624_thai_01.jpg

バンコク、チャオプラヤー川を渡ったところにある「シリラート病院」は、タイ国内最大最古の総合病院。敷地内に医療博物館が6つあり、観光客の間でも有名。チュラロンコン王(ラーマ5世)が創設し、現タイ王室とも繋がりの深い病院です。

高層棟の13階にある「Siriraj Applied Thai Traditional Medicine」は、タイ伝統治療のセクション。基本的には患者さん向けの治療施設ですが、「外部の利用者でも空いている時間なら対応してもらえる」とタイの知人から聞いたので、事前予約して訪れてみました。

20160624_thai_02.jpg

なによりもまず驚いたのが、上質なモダン空間。空中庭園には蓮の花が美しく咲き、高級ホテルのような格調の高さは、病院内とは思えないほどの雰囲気です。バンコクを一望できる特別室には、タイ伝統医学の歴史を描いた巨大な絵画が展示されており、細部一つ一つまでじつに見事。ジャグジーやハーバルスチームバス付きの個室もあるので、プライバシー重視派の人も十分満足できるかと。

20160624_thai_03.jpg

最初に英語で医師の問診を受けます。婦人科系に悩みがあることを伝えると、タイ古式マッサージとハーバルコンプレス2時間1,000バーツ(約3,000円)のコースに決定。センというエネルギーラインに沿ったマッサージを行った後、タイハーブを包んだ温かいボールで、下腹部を重点的にプッシュ。

迷いのないストロークに安心して体を預けられるのも、専門医による施術だからこそ。あまりの心地よさにウトウトしていると、あっという間に施術が終わります。

20160624_thai_04.jpg

街のマッサージ屋さんのグイグイ攻める押し方と違って、ここでは丁寧なソフトタッチ。施術中は「物足りない?」と感じたものの、翌日からは体が軽く、下腹部の不調も心なしかすっきり。単発よりも定期的に通うほうが、効果が出そうな感じがしました。

古都チェンマイにある大学附属医療センター

20160624_thai_05.jpg

ちなみに、チェンマイにも専門施設がありますよ。「チェンマイ大学薬学部附属代替医療センター(CCTM)」は、タイ伝統療法、中国医学、西洋医学の3セクションから成り、患者の症状に適した治療を処方してもらえます。

20160624_thai_06.jpg

医師による簡単な問診を受けて、施術室へ。担当してもらったマッサージ師はベテランの女性で、外国人対応もこなれた感じ。街のマッサージ店よりも、ちょっぴり上手かな......という印象です。

こちらは大学の附属施設といえども、堅苦しくない雰囲気で、電話予約か、空きがあれば気軽に受けられます。近隣にはヴィーガンカフェの「アムリタガーデン」もあるので、チェンマイ旅でリラックスしたい日のコースに組み込むと吉、かも。

あわせて読みたい

#9 伝統医療が生きるタイハーブの殿堂、アバイブーベ

#8 「タイの軽井沢」でいただく新緯度帯ワイン

#1 極上のリバーサイドホテルで、タイに浸る

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。