1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 大人のオフショル。わたしたちのお手本は言わずもがなで #キャサリン妃

大人のオフショル。わたしたちのお手本は言わずもがなで #キャサリン妃

大人のオフショル。わたしたちのお手本は言わずもがなで #キャサリン妃

2016年夏、いろいろなところで目につくのが、オフショルダーのトップス。人気のアイテムのようです。

でも、首から二の腕までのラインが露わになるし、胸元も気になるし......。

体型はもちろん、着こなすには自信と勇気のいるアイテム。ハードル高いなぁと感じていたんです。

大人の女性だからこそのオフショル

そんな気持ちを動かしたのが、こちらの「オフショルは大人の女こと断然似合うから。もっと着こなすテクニック」。

大人だからこそ似合うオフショルの着こなし術が紹介されていました。「ふむふむ、思っていたよりもいけるかも?」と、ちょっと関心が出てきました。

キャサリン妃のオフショルドレスの着こなし

そんなとき、目にしたのが、キャサリン妃のこのスタイルです。

2016年7月6日、ロンドン自然史博物館で開催された、「Art Fund Museum of the Year」の授賞式に出席したキャサリン妃。

ワントーンでシックにまとめて、かつストライプ使い。まるで、記事を参考にしたかのような、大人のオフショルのお手本といえる着こなしだったんです。

ブラジル出身でロンドンで活躍する「Barbara Casasola(バーバラ・カサソラ)」のオフショルドレス。スリムな体型にとても似合っています。

ロングヘアは毛先を軽くカール。それがデコルテから肩をほどよく隠しているのも、とっても上品な印象でした。

センス抜群の色使いも見習いたい

このスタイリングで、さすがと思ったのが全体の色のトーン。

素足の足元には、ピーチピンクのサンダル。公務でのサンダルは珍しいのですが、定番のヌードカラーやブラックのパンプスではちょっと堅すぎ。このドレスにふさわしい、でもカジュアルすぎない、洗練されたエレガントなデザインが選ばれました。

気になったので調べてみたら、ブラジルのブランド、「Schutz」の「Dollie」サンダルでした。

エレガンスを強調した、大人のオフショル。足元まで行き届いた着こなしは、見習いたいところです。

これまでほどんど縁のなかったオフショル。バカンスウエアのイメージが強くて、日常にはちょっと......と思っていましたが、待っていても若返るわけでもなし(残念!)

そう考えると、この夏はチャンスかも。ちょっと冒険心が湧いてきました。

Daily Mail Online,Footwear News

photo by gettyimages®

文/カフェグローブ編集部

あわせて読みたい

トレンドセッター、キャサリン妃がきっかけ。次の流行アイテムはヘアネット!?

新鋭デザイナーが語る、キャサリン妃のドレス誕生秘話

インド・ブータンを訪れたキャサリン妃のファッション8選

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • hatena
ぬえよしこ
通算21年のアメリカ生活=テキサス居住歴の東京テキサス人。立教大学英米文学科卒、北テキサス大学院映画専攻修了。映画・航空・教育業界で、ずっと日本語と英語を使っています。ほどほどに都会、ほどほどに田舎、なんでもでっかいダラスで、好きなことや興味のあることを書いています。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。