1. Home
  2. ライフスタイル
  3. フェスで気分アゲする東京スカパラダイスオーケストラの楽曲5選【radio cafe】

フェスで気分アゲする東京スカパラダイスオーケストラの楽曲5選【radio cafe】

フェスで気分アゲする東京スカパラダイスオーケストラの楽曲5選【radio cafe】

カフェグローブをご覧のみなさん、おはようございます!

札幌発信の音楽情報WEBマガジン「REAL MUSIC NAKED」編集長の橋場了吾です。

7月も後半に入り、本格的な夏フェスシーズンに突入しました。ここ北海道では、7月16日・17日にJOIN ALIVEが開催され、8月12日・13日にはRISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO(以下RSR)が開催されます。

夏フェスというとロックアーティストが中心となって行われますが、2016年の北海道のフェスはひと味違います。JOIN ALIVEにはGOD姉ちゃんこと和田アキ子さんが、RSRには北海道が生んだ大スター・松山千春さんとジャズも歌いこなす八代亜紀さんが参戦。昭和の時代から活躍するアーティストの初出場に目を奪われがちですが、毎年北海道の夏フェスに参戦し、フロアをドッカンドッカンさせているあのバンドの「フェスで盛り上がるための楽曲5選」を紹介しましょう。

東京スカパラダイスオーケストラ

1985年結成、日本にインストゥルメンタルマーケットを作りあげたオリジネイターです。現在のメンバーは、トランペットのNARGOさん、トロンボーンの北原雅彦さん、テナーサックスのGAMOさん、バリトンサックスの谷中敦さん、キーボードの沖祐市さん、ギターの加藤隆志さん、ベースの川上つよしさん、パーカッションの大森はじめさん、ドラムの茂木欣一さんの9人。ちなみに私、GAMOさん・谷中さん・川上さん・加藤さんにはインタビュー済というラッキー具合!

1990年にシングル『MONSTAR ROCK』、アルバム『スカパラ登場』を同時リリースしメジャーデビュー。その後はインスト曲はもちろん、奥田民生さん・田島貴男さん・チバユウスケさんなどゲストアーティストを迎えた楽曲も多数発表。最近ではさかなくん(サックス)や志村けんさん(三味線!)とのコラボも話題になりました。

北海道のフェスには毎年参戦、今年もRSRのメインステージに登場します。

それでは、そのスカパラの「フェスで盛りあがるための5曲」を紹介しますが、あくまで個人的意見ですのでその点をご理解くださいませ。(スカパラはフェス向きの曲が多いので、かなり悩みました......)

M1. ルパン3世'78

1999年リリースのコンピレーションアルバム『PUNCH THE MONKEY 2 Lupin the 3rd ; Remixes & Covers Compilation』に収録されている、言わずと知れたあの名アニメの主題歌です。スカパラの手にかかると男前度が一気にアップ、ライブのオープニングで演奏されることも多いナンバーです。競い合うような管楽器がカッコいいんだ、これが!

M2. STORM RIDER

2010年リリース、スカパラにとってデビュー20周年を飾る15枚目のオリジナルアルバム『WORLD SKA SYMPHONY』からの1曲。イントロのバリトンサックスがたまらない! ライブではいつも上手(向かって右側)に陣取っている谷中さんが、センターに歩いてくるとこの曲が始まる合図。バリトンサックスの低音で体を揺らす準備を忘れずに!

M3. 水琴窟 -SUIKINKUTSU- feat.上原ひろみ

同じく2010年リリースのミニアルバム『Goldfingers』では、ワールドスタンダードな活動を続けるジャズピアニスト・上原ひろみさんを迎えたコラボレーション作品を制作。このアルバムがリリースされたタイミングでGAMOさん・川上さんにインタビューさせていただきましたが、上原さんとのレコーディングは「すごく緊張した」とのこと。リリース翌年の2011年のRSRでは、上原さんとの共演が実現しました。

M4. Diamond In Your Heart

2013年リリースのアルバム『Diamond In Your Heart』。そのタイトルトラックでは、スカパラの影響を大きく受けたアーティストをヴォーカリストに迎え入れました。その名は細美武士さん。ELLEGARDENで一時代を築き、現在はthe HIATUS、MONOEYESの一員として活躍している彼がスカパラのロック魂に火をつけてしまいました。一言でいうと超名曲! 谷中さんのリリック(全英語詞)は海外のアーティストからの評価も高いとか。

M5. The Last

最後は2015年リリースのベストアルバム『The Lust』から。ほかの4曲と違い、この曲だけは大騒ぎ系ではなくしっとり系このような深い楽曲を持っているのも、スカパラの音楽性の高さの証明です。夜の深い時間にこの曲を野外で聴くことを想像しただけで、目がウルウルしてしまいます......。

そういえば昨年のRSR出演後に谷中さん・加藤さんにインタビューをさせていただいたのですが、スカパラのメンバーはよく「景色」という言葉を使います。ステージ上からの景色、という意味なのですが、オーディエンスの笑顔、楽しそうな踊りを見ていると、ステージ上のメンバーもどんどん盛りあがっていくのだとか。

ライブはその場にいる「みんな」で作るもの、そんなことも教えてくれるスカパラの音楽で「ひとつになる」......これこそ夏フェスの醍醐味だと思います。

photo by Getty images

あわせて読みたい

海で聴きたいジェニファー・ロペスの楽曲5選【radio cafe】

織姫と彦星のような遠距離恋愛中に聴きたいB'zの楽曲5選【radio cafe】

夏を感じる桑田佳祐の楽曲5選【radio cafe】

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

橋場了吾

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    フェスで気分アゲする東京スカパラダイスオーケストラの楽曲5選【radio cafe】

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。