1. Home
  2. コミュニケーション
  3. #10 不倫だからこそ美しいお別れを【大人の恋愛リハビリ講座】

#10 不倫だからこそ美しいお別れを【大人の恋愛リハビリ講座】

#10 不倫だからこそ美しいお別れを【大人の恋愛リハビリ講座】

独身同士の恋人とのお別れと不倫の結末は、あなたの意志でエンドマークをつけた場合だけ、同じ顛末にすることができます。

しかし、彼の妻にバレたことがきっかけとなった場合には、心の準備もないまま引き裂かれるように終わらせなければなりません。たとえ関係が終わっても妻が逆上してあなたを訴えたりしたならば、後味の悪い結末となる恐れもあります。

最悪のケースによって、刹那の恋が人生の過ちへと変化しないためにも、不倫の恋は「好き」が残っているうちに卒業することを筆者は勧めます。

不倫を終わらせるベストなタイミングとは

もしもあなたが、その恋を冷静に俯瞰し「割に合わない」「何も生み出さない」「どこまでいっても実りがない」ことに気がついたならば、それがベストなタイミング。

損得勘定で不倫をしている人はいないと思いますが、だからこそほんの少しでも「損している」と感じたら、それ以上不倫を続ける意味はありません。

あなたの大事な時間やお金や体や愛情を注ぐほどの価値が「未来のない相手」にあると思えるならば、それが不倫であろうと幸せな恋ができるかもしれません。

しかし、ひとたび「損しているかも」という疑いが芽生えたら、その恋は潮時です。

「未来のある相手」でなければ、長い目で見て乗り越えるほどの価値はないことを、肝に銘じておきましょう。

有終の美を飾ることで、新たな未来が描かれる

卒業を決意したら、いつもと同じスタンスで「最後のデート」を楽しみましょう。

今日で終わりにする決心が揺らがぬよう、事前にお別れの言葉を綴った手紙を書いておき、バッグにしのばせてください。

大人の男性は、それほど鈍感ではありません。あなたが別れるつもりでデートに臨めば、何気ない言葉の変化(思い出話をするなど)や抱かれているときの切なそうな表情を察知し、受け入れるか抵抗するか、ひそかに考えるはず。

しかし彼の態度に流されてしまったら、泥沼へと足を踏み入れるだけ。最後のデートを楽しんだら、ラストはハグして握手して手紙を渡し「またね」と言って笑顔で立ち去りましょう。

ケジメとして「卒業式」のようなデートをする不倫カップルは少なくないですが、筆者はお勧めしません。ドラマティックなラストを飾るほど、彼にもあなたにも未練が残ってしまうからです。

ただの恋人同士であればいいですが、不倫は刹那を前提とした恋愛です。つまらない未練が復縁という地獄への足掛かりにならないとも限りません。

まるでいつものデートと変わりない段取りこそが、卒業を伝えるにはふさわしいのです。

最後に「またね」という言葉を残すのは、ふたりになかったはずの「未来」に希望を託すため。

これからはただの友達になれるかもしれない、明日からは堂々と上司部下として接しよう──そんな別の形としての未来が、この先ふたりの間に残るかもしれないとしたら、分別ある大人として気まずくならないラストシーンを演出するのも優しさです。

最後の愛情と、互いの幸せを願う気持ちを込めて、笑顔でお別れしてくださいね。

image via Shutterstock

あわせて読みたい

#9 不倫の恋、いい女は潮時を知っている【大人の恋愛リハビリ講座】

#8 ダメなのは、覚悟の足りない不倫だからです【大人の恋愛リハビリ講座】

#7 大人の女は望むままセックスをすればいい【大人の恋愛リハビリ講座】

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • hatena
島田佳奈
作家・女豹ライター・All About恋愛ガイド。豊富な体験と取材から得た“血肉データ”による独自の恋愛観が定評。「AllAbout恋愛」「ハウコレ」「GLAM」他連載多数。著作『アラフォー独女の生きる道』『人のオトコを奪る方法』『女豹本!』他。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。