1. Home
  2. マネー
  3. 一人娘で独身。実家の相続税はどのくらい?【40代からのマネー計画】

一人娘で独身。実家の相続税はどのくらい?【40代からのマネー計画】

一人娘で独身。実家の相続税はどのくらい?【40代からのマネー計画】

45歳、独身です。父が亡くなり、現在は世田谷区の母が実家に住んでいますが、病気がち。私は現在、賃貸マンションに住んでいます。将来自分が実家を継ぐ際に相続税はどのくらいかかるでしょうか?

平成27年1月に相続税法の改正があり、相続税の申告が必要となる方が増えました。

では、相続税の申告が必要となる可能性が高いのはどのような場合でしょうか?

1. 相続人が一人

2. 都心に戸建の持ち家がある

3. まとまった預貯金も相続した

4. 自分の持ち家が別にあり、親と同居していない

5. 小規模宅地等の特例を利用する

1から4までの質問がすべてYesの方は相続税額が生じる可能性が高いので要注意です!

相続税額の計算には、相続税がかからない基礎控除という限度額があります。

つまり、3,000万円+相続人の数(1人娘なので1人)×600万円=3,600万円までは相続税はかからないということになります。次に財産の総額を求めます。

金額が一番大きいのは都内の土地です。土地を価額するには、路線価というものを使用します。路線価は毎年7月に国税庁のHPで発表されます。

1㎡あたりの道路の価格となっているので、土地の面積をかけるとざっくりとした土地の価額が求められます。

たとえば世田谷の北沢3丁目は1㎡あたりの路線価が50万円です。

もし自宅が100㎡(約30坪)とすると、土地の価額は5千万円です。預貯金が1千万円あった場合、土地とあわせて遺産総額は6千万円となります。遺産総額が基礎控除を2,400万円超えているので、相続税額は税率15%の310万円となりました。

ただし、マイホームの敷地には特例があります。具体的には、特定居住用宅地等の特例は自宅の面積が330㎡(100坪)までは2割評価となります。

もし母親と同居していたり、いままで持ち家がなく、母親の死後、実家を継いでいたりした場合には、この小規模宅地等の特例が使用できます。

先ほどの例でいくと、5千万円の価値の土地が8割減額され、1千万円となります。

この場合、特例適用後の土地1千万円と預貯金1千万円をあわせた2千万円が相続財産となります。特例を受けるためには相続税の申告をする必要がありますが、基礎控除以下となるため相続税額の納税はありません。

国税庁の相続税の申告要否判定コーナーでは税額も試算できます!

小規模宅地等の特例にあてはまるかどうかとあわせてご確認ください。

国税庁

image via Shutterstock

あわせて読みたい

#10 40代独身。このまま賃貸か、マイホーム購入か?【40代からのマネー計画】

#11 女ひとりで起業したいけど、どうしたらいい?【40代からのマネー計画】

女、独身で生命保険に未加入はまずい?【40代からのマネー計画】

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    一人娘で独身。実家の相続税はどのくらい?【40代からのマネー計画】

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。