1. Home
  2. キャリア
  3. #17 完璧なニューヨーカーの泣きどころ。睡眠不足の対処法【NYで生きていく】

#17 完璧なニューヨーカーの泣きどころ。睡眠不足の対処法【NYで生きていく】

#17 完璧なニューヨーカーの泣きどころ。睡眠不足の対処法【NYで生きていく】

パーソナルトレーナーとのセッションに、オーガニックの食事。完璧に自己管理しているようにみえるニューヨーカーにも、大きな弱点があります。

それは睡眠です。

7〜8時間睡眠が理想とわかっていても、6時間寝られれば良いほう......。日中は、睡眠不足を補うために、スターバックスの濃いコーヒーが欠かせない、という人が多いのです。仕事やプライベートが充実するほど、睡眠時間が短くなるのは万国共通の悩み。

某化粧品会社で管理職をしている私の友人のひとりは、仕事のプレッシャーで毎晩、夜中の3時に目が覚めていたと言います。仕事のことが気になり、バックから資料を引っ張りだし、ラップトップを立ちあげてすべて確認しないと、不安でいてもたってもいられない........という日々が続き、連日4時間しか睡眠が取れず、ボロボロになったそうです。

そんなとき、主治医から勧められたのが、不眠専門のセラピスト。2週間に1度のセッションを受けていました。

仕事で不安に感じていることと、その解決策をクリアにして、夜中に起きて資料を眺めることは何の解決にもならないということを、セッションを通して、繰り返し自分自身に納得させることで、6時間続けて寝られるようになったそうで、これを7時間まで伸ばしたいと言っていました。

「寝ること」がメインの暮らし

一方で、周囲には、毎日理想の睡眠時間を確保できている人もいます。じつは、彼らには、ひとつ共通していることがあるのです。

それは、睡眠を中心に1日のスケジュールを組んでいるということ。

たとえば、元ニューヨークシティバレエのダンサーで、現在はバレエのコーチとして活躍する知人。ベストパフォーマンスのためには7時間の睡眠は欠かせないと言います。

朝は5時に起きるので、夜は必ず10時に寝るのだとか。このため、遅い時間の付き合いは控えて、夕食は7時までにとるそうです。

不動産のトップセールスマンとして活躍する男性は、8時間睡眠を確保するために、夜9時に寝て、朝5時に起きてジムに行くそう。

やはり、規則的な睡眠を取るためには、夜の過ごし方がポイントのようです。彼らは、夜の行動を制限して、理想の睡眠時間を確保しています。私も7時間睡眠を確保するため、平日は9時半にベッドに入っています。6時間睡眠と7時間睡眠では、翌朝の体調や集中力に大きな差が出るので、無視できなくなり、やむなくスケジュールを変えました。

そのため、泣く泣く削ったのが、夜の入浴。本来ならば、娘を寝かしつけた後、ゆっくり湯船につかって本でも読みたいところですが、それをすると、どうしても就寝が11時過ぎてしまうのであきらめました。その代わりに、朝、娘が起きてくる前に運動してシャワーを浴びています。

くわえて、寝室に携帯を置かない、夕食は軽めに済ませる、寝る前は水分を控える、といったことも重要だと感じています。とはいえ、仕事でストレスを抱えていると、頭が冴えて寝つけず、結局5時間しか寝られなかった....なんて日もあるので、瞑想などでメンタル面をいかに管理していくかが大きな課題です。

アラフォーにもなると、気合いとカフェインだけでは補えない睡眠不足。毎日理想の睡眠を確保するのは難しいですが、できる限りのことをして、体調を整えていきたいですね。

あわせて読みたい

#13 母親同士はママ友ではない。日本と違うドライな距離感【NYで生きていく】

#14 産休のないアメリカ。育児と仕事との間にある葛藤【NYで生きていく】

#16 まじめな女性の抱える闇。「鎮静剤」という罠【NYで生きていく】

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • hatena
白石 里美
ニューヨーク在住11年。クリーンな心と体を作るライフスタイルを提案するウェルネスブランド「ANCIENTICS」をNYで立ち上げ、マンハッタンとブルックリンのカフェやストアでスーパーフードや日本の発酵食品をアレンジした商品を販売。日本企業向けのプロデュースやコンサルティングも行っている。 世界最大の栄養学校Institute for Integrative nutritionでホリスティックヘルスを学び、最新のヘルス・ウェルネス・ビューティー・ライフスタイル情報に精通。ウェブや雑誌でもコラムを執筆中。 Blog / Facebook / Instagram

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。