1. Home
  2. ライフスタイル
  3. みんな周りに気を使いすぎ。もっと自分のための考える時間を持とう

みんな周りに気を使いすぎ。もっと自分のための考える時間を持とう

みんな周りに気を使いすぎ。もっと自分のための考える時間を持とう

部下のフォロー、クライアントへの納品、上司への報告、など誰かに対する仕事を優先して、自分のやりたいことやプロジェクトについて考えることが後回しになっていませんか?

もちろん仕事を円滑に進めるためにも他人に重きを置くのは大切なこと。でも、自分をないがしろにし続けると、最終的な目標達成度が大きく変わってくるようです。

ときには自分本位に

なぜ、目標達成度が大きく変わってしまうのでしょうか。それは、必要な支払いや買い物をしたあとで残りを貯金しようと思ってもほとんど残金がないのと同じように、他のことに時間を割いてからやろうと思ったときには、もう自分の時間はほとんど残されていないからです。

そんなことにならないためにも、自分の未来への投資だと思って下記の6つのことを試してみてはいかがでしょう?

1. 大きな利益につながりそうなドリーム・プロジェクトに毎日30分間充てる

2. 仕事の日の始めの30分をそれに充てる

3. 邪魔するものをシャットアウトする

4. 30分でやめる

5. 進歩をトラッキングする

6. 罪悪感を抱かない

ライフハッカー[日本版]」より引用

毎日30分勉強やリサーチ、作業など、自分のために時間を使いましょう。

なぜ仕事はじめの30分かというと、先ほど述べたように、あとでやろうと思っても大抵やる時間は残らないから。また、多くの仕事を抱えるみなさんが毎日1時間確保するのはあまり現実的ではないからです。

よって30分だけは、何にも邪魔されない環境をつくり、罪悪感を抱くことなく思う存分自分のために使いましょう。

仕事熱心なキャリア女性のみなさんなら、いつも周りの人のことを考えて動いてしまうことでしょう。しかし、ときには自分本位になっていいのです。

あなたが自分のために時間を使い考えることは、結果的に会社や同僚にとっても利益になり得ます。これからは、毎日30分をあなたのために当ててみてはいかが?

ライフハッカー[日本版]

image via Shutterstock

文/カフェグローブ編集部

あわせて読みたい

ちょっと待った! オフィスでのその主張の仕方、本当に大丈夫?

#2 秋はじめの手みやげに。甘いもの好きに贈るブラウニー【ビジネス手みやげ】

#4 武器は笑顔とネットワーク。アートに全力を注ぐファンドレイザー【ニューヨークで働く一日】

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。