1. Home
  2. コミュニケーション
  3. #12 いまさら結婚願望に振り回されていませんか?【大人の恋愛リハビリ講座】

#12 いまさら結婚願望に振り回されていませんか?【大人の恋愛リハビリ講座】

#12 いまさら結婚願望に振り回されていませんか?【大人の恋愛リハビリ講座】

独身のあなたに質問します。あなたはこの先「結婚したい」と思いますか?

「イエス」と答えたあなたにおたずねします。それは、本当にあなた自身が希望する"未来"でしょうか?

先に結婚した友人の影響や、親からの催促など「他人から植えつけられた」希望ではないでしょうか......?

アラフォーになれば精神的にも自立し、経済的にも余裕ができ身動きが取りやすくなったぶん、若いころに抱いていた些末な悩みのほとんどは解消したことでしょう。

しかし逆に、若いころは考えもしなかった「年齢の壁」「ピークを過ぎた肉体」といった悩みが浮上してくることも。

悩むのは、あなたが迷いの生じやすい環境にいるから

迷いが生じるというのは、別の角度から見れば「選択肢が多い」という恵まれた環境にいることでもあります。

社会に出てまもない20代のうちは「結婚 vs 仕事でキャリアを積むこと」。

まわりの友達が結婚しはじめた30歳前後では「結婚 vs 結婚相手にふさわしくない彼氏」あるいは「結婚 vs 結婚を望んでない彼氏」。

いつだって、結婚と天秤にかけたあなたは、結婚以外の道を選んできたはず。

なかには「結婚 vs 結婚できない(不倫の)彼氏」というケースもあったでしょう。

それでもあなたは、目の前の"結婚できない"相手と別れ、結婚できる未来を描ける別の出会いへ向かおうとはしなかったーーそれが現実です。

アラフォー女性の結婚願望は、ネガティブ要因によるものが大きい

若いころは結婚願望がなく、アラフォーになってから「やっぱり(一度くらい)結婚したいかも」と淡い想いを描いている女性もいるでしょう。

冒頭で述べた「他人の影響」ではなく結婚願望が芽生えたのであれば、その裏にあるのは寂しさや将来(老後)への不安ではないでしょうか。

ハッキリいいます。誰と結婚しようと、いま漠然と感じている孤独感や老後の不安がゼロになることはありません

人生の残り時間は誰にもわかりません。夫となる人が先に他界してしまえば、再びあなたは独り身です。

ずっと誰かがそばにいてくれる保証がない以上、晩年のライフプランは独身であろうと既婚であろうと、自分で考えるしかないのです。たいていのことはお金で解決できる現代ですが、その経済面を未来の配偶者の経済力に頼るほど、不安定な未来はありません。

結婚を選択肢に入れるのは自由。だけど執着はしないで!

まわりにいる独身者の数が減れば、出会いの数は必然的に減っていきます。歳を重ねるほど恋に落ちる確率が減るだけでなく、お見合いでも結婚相手に巡り合える可能性は少なくなります。それがアラフォーのリアル。

もちろんゼロではないにせよ、もはや若いころほど簡単に結婚できなくなった現実を受け止めなければ、婚活しても虚しくなるだけ。

結婚にばかりこだわっていたら、好きな男性との幸せな時間も楽しめなくなってしまいます。

いくつになっても恋はできます。しかしそれは結婚を視野に入れなければの話。結婚の可能性を秘めた男性だけを対象にフィルタリングしていたら、結婚どころか恋を始める段階にさえ到達できないかもしれません。

形式にこだわらず恋を楽しめるのは、大人ならでは。いくつになっても恋愛を楽しめるのは、独身ならではの特権ですよ!

image via Shutterstock

あわせて読みたい

#11 結婚と出産を切り離せ。もっと自由に生きよう【大人の恋愛リハビリ講座】

#10 不倫だからこそ美しいお別れを【大人の恋愛リハビリ講座】

#9 不倫の恋、いい女は潮時を知っている【大人の恋愛リハビリ講座】

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • hatena
島田佳奈
作家・女豹ライター・All About恋愛ガイド。豊富な体験と取材から得た“血肉データ”による独自の恋愛観が定評。「AllAbout恋愛」「ハウコレ」「GLAM」他連載多数。著作『アラフォー独女の生きる道』『人のオトコを奪る方法』『女豹本!』他。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。