1. Home
  2. マネー
  3. 親の借金、わたしが肩代わりしないといけないの?【40代からのマネー計画】

親の借金、わたしが肩代わりしないといけないの?【40代からのマネー計画】

親の借金、わたしが肩代わりしないといけないの?【40代からのマネー計画】

わたしの父には借金があります。おそらく、1000万円ほど。最近、父は癌が発覚し、治療中です。親子の仲は良いほうとはいえず、お見舞いには顔を出していますが、心配なのは父の借金。亡くなった後、わたしが肩代わりすることになるのでしょうか......。(46歳、会社員)

人がお亡くなりになると、相続という手続きがはじまります。

故人を被相続人といい、遺産を引継ぐ人を「相続人」といいます。

相続とは、被相続人が残した財産やいろいろな権利、義務を、相続人が承継することです。財産には預貯金や不動産などのプラスの財産以外に、借金などの返済義務といったマイナスの財産も含みます。

つまり当面の生活費や住んでいる家だけ相続して、借金は肩代わりしないということはできないことになっております。では、親のした借金は、すべて子供が背負わないといけないものなのでしょうか。

相続人には、すべての財産債務を引き継ぐ単純承認以外に、相続放棄、限定承認という選択肢があります。

相続放棄とは、相続人が被相続人から引き継ぐ遺産のすべてを放棄することをいいます。

限定承認とは、借金がどのくらいあるかわからないけど、プラスの財産のほうが多そうだという場合、遺産のすべての放棄ではなく、相続分がマイナスにならない程度のプラスの遺産とマイナスの遺産を引き継ぐ方法です。

相続放棄も、限定承認も、相続開始を知った日から3ケ月以内に家庭裁判所に申し立てる必要がありあす。この手続きを行わないと、遺産のすべてを引き継ぐ単純承認をしたとみなされてしまいます。また限定承認は被相続人全員で申し立てる必要があります。

なお、預貯金の口座や車などの名義を変更したり、高価な宝石などを形見分けをしてしまったりすると、単純承認したとみなされてしまいますのでご注意ください。相続放棄を行うと、次の順位に相続権が移行します。

たとえば第一順位である妻・子が相続放棄をすると、第二順位である親に、第二順位も相続放棄をした場合は、第三順位である兄弟姉妹に相続権が移行します。

次の順位も相続放棄をするには、順位が移行したことを知った日から3ケ月以内に家庭裁判所に申し立てする必要があります。

自分は借金を負わなかったけど、親族の誰かが借金を肩代わりすることになってしまったということにならないためにも、次の順位がいるときは、相続放棄することを教えてあげてくださいね。相続放棄や限定承認は、申し立てが複雑であったり、期日がタイトであったりします。

事前にどのような手続きが必要なのか、もし無料の法律相談などがあれば上手く活用してみてください。

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    親の借金、わたしが肩代わりしないといけないの?【40代からのマネー計画】

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。