1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 【ビジネス手土産 #7】旬も贈れる唯一無二のヴィエノワズリー

【ビジネス手土産 #7】旬も贈れる唯一無二のヴィエノワズリー

【ビジネス手土産 #7】旬も贈れる唯一無二のヴィエノワズリー

基本的に、手土産を選ぶときは、用途に合わせて「あそこの◯◯にしよう」と発想するものですが、ときには例外も。

それは、まるごと好きなお店のものを、「食べてみて!」と贈る場合。押しつけにならないよう配慮は必要ですが、気持ちのこもり方が違うので、やはり、喜ばれることも多いです。

この連載では、わたしが実際に普段から手土産にしている品、また、脳内手土産リストに書き留めている逸品をご紹介していますが、今回は、何かと理由をつけて足を運んでいるお店から、大好きな季節限定商品をご紹介したいと思います。

パリ随一のブーランジェによるヴィエノワズリー専門店

青山に旗艦店を置く『リチュエル パー クリストフ・ヴァスール』は、パリ随一のブーランジェ、クリストフ・ヴァスール氏による、ヴィエノワズリー専門店。10月24日には、期間限定で新宿ルミネにも待望の駅直結店舗がオープンしました。

クリストフ氏が生み出すヴィエノワズリーは、できるだけ国産の有機素材にこだわり、どうしても譲れないバターやチョコレートは、パリの店舗と同じものが使用されています。来日時には、日本のスタッフが集めておいた日本の食材で試作を重ねたり、実際に生産者のもとを訪れたりと、彼のなかに「妥協」という文字はありません。

そのこだわりは、製法にも。じつは、1500もあると言われる本場フランスのブーランジェリーでも、伝統的な製法で手作業を大切に作られているクロワッサンは、わずか15パーセントほどなのだとか。同店では、時間をかけて熟成させた生地を、手作業で丁寧に成型し、フランスでも希少な石床式のオーブンでじっくりと焼き上げています。

常温でOKなのに、ケーキに負けない存在感と季節感

そうして焼きあがったヴィエノワズリーの数々は、香り豊かでありながらバターの量に頼っていないため、くどさがありません。ぐるぐると渦を巻いた看板商品の「エスカルゴ」や、季節のフルーツを美しく並べたタルトなどは、生地のおいしさとともに季節感も楽しめるから、ついつい季節ごとに足を運んでしまいます。

そして、その味が恋しくて再び三たびと期間内に買いに走るわたし。

クリストフ氏の「エスカルゴ」に出合うまでは、「エスカルゴ」といえば、イメージするのはレーズンが巻き込まれたものでした。ところが、同店にレーズン入りはありません。夏には「マングー・バニーユ」、「シトロン」、秋には「マロン」など季節限定商品があり、新宿ルミネ店には店舗限定の「マンダリン」も。

お店を訪れるたびに、「エスカルゴ」とは素材のマリアージュを楽しむ、季節感のあるヴィエノワズリーなのだと感じます。

20161031_gift_02.jpg

また、誰に贈っても喜ばれるブルーのギフトボックスも、欠かせないポイント。この箱と艶やかなヴィエノワズリーの組み合わせは、美しくデコレーションされたケーキにも引けを取らない存在感ですよ。

砂糖不使用。りんごがおいしい季節だけのお楽しみ

20161031_gift_03.jpg

そして、寒い時期に入ってくると、栗菓子と共に楽しみなのが、りんごを使ったお菓子。りんごを使ったお菓子といえば、アップルパイですよね。同店のアップルパイ「ショソン ア・ラ・ポム・フレッシュ」は、国産の有機りんごを半割りにして生地で包んだ、贅沢な逸品。

20161031_gift_04.jpg
とろりとジューシーな半割りのりんごがぎっしり。

しかも、なんと砂糖不使用。底面の見事なキャラメリゼは、りんごから滲み出た果汁がオーブンで熱されてできたもの。サクサクの香ばしい生地、中はとろりとジューシーで、何度食べても食べ飽きません。素材の味を大事されている食通の方や、お砂糖を控えている方にも、喜んでいただけるはず。

20161031_gift_05.jpg
「ショソン ア・ラ・ポム・フレッシュ」1個590円※ギフトBOX(大)150円

こちらは、フレッシュなりんごを使用するため、りんごのおいしい季節限定。同店は、昨年の夏に日本1号店がオープンしたので、日本での「ショソン ア・ラ・ポム」は2シーズン目です。「サンつがる」や「紅玉」など、採れる時期によってりんごの種類が変わるので、今年も期間いっぱいまで楽しみたいと思います。

コンパクトで日持ちがする小箱も

ただし、これらのヴィエノワズリーを贈れるのは、買った当日に渡せて、すぐに、もしくは翌朝には食べていただける場合限定。それでも『リチュエル パー クリストフ・ヴァスール』の存在を知ってもらいたい相手には、「マカロン・バスク」を。

20161031_gift_06.jpg
マカロンバスク(5個入り)640円

こちらは、現在広く知られているマカロンの原型とも言われる伝統的な焼き菓子。外はさっくり、中はもっちり。アーモンドの香りは、素朴な見た目に反して豊かで華やか、深いところで印象に残る味わいです。

手軽につまんでいただきやすく、可愛らしいブルーのギフトボックスに入っているので、ちょっとした手土産に最適で、わたしもとても重宝しています。

「大好き」なお店から選ぶということ

手土産をお持ちするときには、自分の足取りが軽くなるようなものをチョイスしたいもの。焼きたてのヴィエノワズリーに囲まれたあと、パリのエスプリを感じる紙袋やギフトボックスを手にすれば、わたし、ピンヒールでひと駅くらい歩くのだってへっちゃらです。

リチュエル パー クリストフ・ヴァスール(青山店)

住所:東京都港区北青山3-6-23 1F

電話:03-5778-9569

営業:月〜金8:00〜19:00、土・日・祝9:00〜19:00

撮影/さくらい しょうこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
醍醐由貴子
ライター/PR。食、美容、ライフスタイルに関する仕事が多く、女性誌、男性誌問わず執筆。妄想が得意なので、誰かになりきった執筆も多い。フリーランスのPRとしても飲食店やプロジェクトを担当。プライベートでは一児の母。仕事と子育ての両立に奮闘中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。