1. Home
  2. コミュニケーション
  3. #27 劣化を嘆くのではなく「熟成」を愛でよう【大人の恋愛リハビリ講座】

#27 劣化を嘆くのではなく「熟成」を愛でよう【大人の恋愛リハビリ講座】

大人の恋愛リハビリ講座

#27 劣化を嘆くのではなく「熟成」を愛でよう【大人の恋愛リハビリ講座】

アラフォー女性の肉体には、さまざまな変化が訪れます。

肉体のピークは20代。30代になると肌の乾燥やシミ・シワ・タルミなど、エイジングによる変化を感じた人は少なくないでしょう。さらに40代は、いわゆる中年太りや白髪の出現、加齢臭や歯周病など、変化の種類や加速度が増してくるお年ごろ。

時の流れはすべての人に平等ですが、経年による変化のスピードには個人差があります。

顔の造作や生まれつきの体質が恵まれた人もいれば、並々ならぬ努力によって美しさをキープする人も。

しかし、劣化を嘆くあまり若さにしがみつくことは、あなたにとってベストな選択なのでしょうか

「美魔女」は決して誉め言葉ではない

昨今、世間では「美魔女」と呼ばれる女性が増えつつあります。しかしこれは「もう若くない」大人の女性にしか使われないキーワード。賞賛の意味で使う人もいれば、皮肉を込めて呼んでいる人がいるのも事実。

なにせ美しいとはいえそれは「魔女」レベル。

「(その年齢では)ありえない美しさ」の不自然さについては、周囲にバレバレです。「とくに何もしていない」と試験前の優等生みたいなコメントをしようと、外野は「きっとプチ整形したのよ」などと、勝手な噂をしているに違いありません。

「とにかく若くありたい」と望むのは、その人の自由。だけどその裏には「若く見えなければモテない(恋愛対象にされない)のでは」という不安が隠れているのでは......?

成熟するから「熟女」になる。セクシーな熟女を目指そう

見た目の若さでは20代や30代の女子にかないませんが、40代のあなたは、若い人より経済的な自立や精神面の成熟といった「人間的魅力」が備わっているはず。

自身のいい面に目を向けず、目減りしてゆく「若い外見」ばかりに気を取られていたら、歳を重ねるほど魅力的ではなくなってしまいます。

いくつになっても魅力的な女性は、エイジングに恐れを抱きません。笑いジワには朗らかな温かみが、丸みを帯びたボディには柔らかさと包容力が、伸ばした背筋には内面から発する自信が表れます。

そんな大人の女性は、男性から見ても女性から見ても魅力的。そこに優雅なしぐさや憂いを帯びた眼差し、計算しつくした上品な露出や男目線を意識した足の組み方がプラスされると、セクシーに映るのです。

大人のセクシーさは、人生経験の浅い小娘には作れません。成熟した女ならではの経験値と余裕が魅せるセクシーさは、大人の男性を惹きつける大事な要素。

アラフォーの女性に必要なのは、いまの年齢ならではの「ベストな自分」を意識すること。

劣化ではなく、成熟してゆく自分を愛していきましょうね。

image via Shutterstock

島田佳奈

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    #27 劣化を嘆くのではなく「熟成」を愛でよう【大人の恋愛リハビリ講座】

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。