1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 寒波ですし。週末読むなら芥川賞と直木賞

寒波ですし。週末読むなら芥川賞と直木賞

寒波ですし。週末読むなら芥川賞と直木賞

第156回芥川賞と直木賞が発表されました。

芥川龍之介賞に輝いたのは、山下澄人さんの『しんせかい』。4回目の候補となり、受賞。

山下さんは脚本家・倉本聰さんが設立した富良野塾で脚本、演出を学んだ人。本作は富良野塾での日々を題材にした青春物語。

直木三十五賞は恩田睦さんの『蜜蜂と遠雷』。これが6回目の候補となり、晴れて受賞。たしかに「あれ、まだでしたっけ?」という印象。

国際ピアノコンクールを舞台に、若き音楽家たちの戦いと葛藤を描く、507ページ(しかも二段組み)にも及ぶストーリー。

外に出ても寒いだけ。熱いコーヒー、お気に入りのチョコレート、話題の二作を揃えて、しみじみ読書に耽りましょう。

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。