1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ブルジョワになれるかどうか。運命をわけるのは日ごろ使いがちなあの言葉

ブルジョワになれるかどうか。運命をわけるのは日ごろ使いがちなあの言葉

ブルジョワになれるかどうか。運命をわけるのは日ごろ使いがちなあの言葉

それなりにキャリアを積んで、それなりに収入を得ている。40代まで仕事に邁進してきたのであれば、当然の報酬です。でも、もちろん上には上がいるわけで......。

では、いわゆるブルジョワな人々と自分の違いはなに? 実力? それとも運命?

もちろんそういった要因も無関係ではないでしょう。でも、「お金持ち」は日ごろ口にする言葉から、「普通の人」とは違うようです。

ネガティブ発言がお金が増えない原因!?

1200人以上の高所得者を研究したスティーブ・シーボルト氏によると、大抵の人はお金についてネガティブに考え、大金を稼ぐのは難しいと考える傾向があるそう。そこで、「普通の人」は使いがちだけど「お金持ち」は絶対に使わない、運命をわける7つの言葉を紹介します。

「仕事が嫌いだ」

「買う余裕がない」

「お金持ちはその価値がある(わたしにはない)」

「お金持ちになることは決してない」

「家が最大の資産だ」

「どちらか1つにしよう」

「明日やろう」

「お金は問題ではない」

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

基本的には仕事が好き。20代、30代のころよりはお金に余裕がある。でも、これらの言葉を使ったことが一度もないかといったら......?

また、思い込みも拭えないもの。たとえば家を「資産」だと思う人は多いことでしょう。でも購入後には、ローンの支払い、資産税、修繕費とあらゆる支出が待っています。賢く財を成す人は「マイホームはむしろ負債」と、資産に対する認識も異なっているようです。

「言霊」という言葉があるように、口にしたことが事実になるというのは、あながち嘘ではないのかもしれません。これからは、お金に対する発言はポジティブなものに切り替えていきましょう。現実が(資産が)後からついてきたらラッキー! ぐらいの気持ちで。

BUSINESS INSIDER JAPAN

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。