1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 開幕直前! ラグジュアリーキャリアのための「サロン・デュ・ショコラ」案内 (前編)

開幕直前! ラグジュアリーキャリアのための「サロン・デュ・ショコラ」案内 (前編)

開幕直前! ラグジュアリーキャリアのための「サロン・デュ・ショコラ」案内 (前編)

仕事に疲れ、寒さに凍えながら帰宅して、その心を溶かしてくれるものはなんですか? この時期わたしが頼るのは、やっぱり上質なショコラ。

ゆっくりと味わえば疲れを癒し、心を幸せで満たしてくれる、ひと粒のボンボンショコラ。そして、パキッと軽快な音でモヤモヤを飛ばす、ひとかけのタブレット。そんなショコラが世界中から集結する夢のような祭典「サロン・デュ・ショコラ」が、今年もいよいよ開幕します。

直前案内として、開幕までの2日間にわたって見どころをご紹介しますので、予習にお役立ていただければ幸いです。

15回目のアニバーサリーイヤー! テーマは「Lalala Chocolat!」

1995年にフランス・パリで誕生し、わずか40社のみではじまった「サロン・デュ・ショコラ」。いまとなっては日本でもすっかり定着し、名実ともに"世界最大のショコラの祭典"となりました。

東京会場として三越伊勢丹が開催するようになり、今年で15回目。このアニバーサリーイヤーに掲げられたテーマは「Lalala Chocolat! 〜あなたと、ショコラと、人生と。〜」

今年は会場を東京国際フォーラムに移し、世界17カ国から約100ブランドが集結。最先端のショコラはもちろんのこと、あらためて"人(造り手たち)"に焦点をあて、お祭りの要素を際立たせるさまざまなプロジェクトが紹介されます。

迷ったら「セレクションボックス」。話題の女性ショコラティエも登場

すべてをチェックすることは不可能かと思われるほどのショコラが集まるなか、「もうどれを買ってよいのかわからない!」と悲鳴をあげている方は、「セレクションボックス」を。

フランス国家最高職人「M.O.F」ショコラティエ部門の認定シェフや、フランスのショコラ愛好家著名人が行う格付け「C.C.C.」で最高評価を獲得したシェフ、最高峰のパティシエだけが加盟できる「ルレ・デセール」のメンバーなどの競演が実現した、まさに夢のようなボックスです。

なかでもひときわ豪華なのが、15回目を記念した3つのスペシャルなボックス。「サロン・デュ・ショコラ」を代表する15名が「最先端」をテーマとした「Les Gens du Chocolat(ショコラな人々)」、フランスの郷土菓子や名物デザートを表現した「Gateaux & Desserts(お菓子とデザート)」、花のフレーバーを得意とするイメージのあるシェフ10名を厳選した「Fleur(フルール)」。

どれも、アニバーサリーイヤーならではのプレミアムなボックスとなっています。

20170131_chocola_01.jpg
左:「Les Gens du Chocolat」(15個入り)9,180円。シェフの顔が描かれたボンボン ショコラとは、なんて斬新! この新しい試みも、シェフたちは快く受け入れてくれたとか。
右:アニバーサリーのために用意された、まるで花束のようなセレクションボックス「Fleur(フルール)」(10個入り)6,480円。

「Fleur(フルール)」には、昨年、日本に初上陸し、新進気鋭の女性ショコラティエとして話題となったシルヴィー・フォーシェ氏による〈スクレ ドゥ カカオ〉からの1粒もイン。同ブランドからは、完成したばかりのオリジナルクーベルチュールを用いた「ショコラアソート」や、昨年あっという間に完売した「ボワット ペルル」も。昨年「完売」の文字を目の前に涙をのんだ方は、お買い逃しのないよう初日に直行してくださいね。

見た目も味も譲れないラグジュアリーキャリアに

同じく昨年初上陸し、デザイン性の高いパッケージと斬新なショコラのアイデアで注目されたスペインのパティスリー<ブボ バルセロナ>からは、ゴージャスでサプライズなショコラ「ブレイクマイハート」が登場。

ビッグハートのショコラを付属のハンマーで割ると、中から3種の小さなハートボンボンが現れます。ベロアを思わせるマットな赤いハートがインパクト抜群。ホームパーティーやおめでたいシーンで盛り上がること必至! 鏡開きならぬショコラ開きはいかがでしょうか?

20170131_chocola_02.jpg
中から3種のハートボンボン「マカダミアのプラリネ」「ブラウニー」「ポップロック」が現れる「ブレイクマイハート」(3種×4個で12個入り)8,100円。もちろん、外側のハートも食べられます。

また、毎年わたしが欠かさずに購入しているブランドが〈アンリ・ルルー〉。ふんわりリボンの美しいボックスがトレードマークですが、今年はガラリと印象を変えた「ヴォワージュ・オ・ジャポン」に視線が集まりそう。日本の素材から刺激を受けたショコラと、故郷ブルターニュを感じるショコラのアソートが、京友禅の老舗とコラボしたボックスに。いつもまっすぐにリボンを目指していたのに、今年は直前まで悩みに悩みそうです。

20170131_chocola_03.jpg
〈アンリ・ルルー〉の「ヴォワージュ・オ・ジャポン」(12個入り)6,048円。

シャンパーニュの地から「サロン・デュ・ショコラ」に初登場

最後にご紹介したいのは、わたしたちの「至福のとき」に欠かせないシャンパーニュの地、エベルネにブティックを構える〈ル ショコラ デマニュエル ブリエ〉

あの「ミッシェル・ショーダン」ではスーシェフを経験。2014年にC.C.Cで4タブレット、2015年に最高賞の金賞と、トップの10名に贈られる特別賞「ハーモニー賞」を受賞。さらに、2016年にはC.C.C.金賞を連続受賞し、これからの活躍が期待される注目のショコラティエです。

そして、そのビジュアルと味わいにトキメキを隠せなかったのが、とびきり可憐なひと箱「アナエル エ エロイーズ」。シャンパーニュを作る過程でできるぶどう果汁に地元の名酒「ラタフィア」をブレンドし、ホワイトチョコレートでコーティングした、ローズピンクの小さなショコラ。シャンパーニュと合わせてギフトにするのも素敵ですね。

20170131_chocola_04.jpg
〈ル ショコラ デマニュエル ブリエ〉の「アナエル エ エロイーズ」3,024円。ほんのり甘酸っぱさを感じるたびに、小さく胸がきゅん。

ここまでは、ギフトにもおすすめの華やかなラインナップでお届けしましたが、明日の後編では、ビーン トゥー バーやテイクアウトメニューなど、自分を喜ばせるためにおさえておきたいショコラたちをご紹介します!

サロン・デュ・ショコラ

会期:2017年2月2日(木)〜5日(日)各日午前10時〜午後8時

会場:東京国際フォーラム ホールE

※その他全国各地で順次開催

オフィシャルサイト:http://www.salon-du-chocolat.jp

  • facebook
  • twitter
  • hatena
醍醐由貴子
ライター/PR。食、美容、ライフスタイルに関する仕事が多く、女性誌、男性誌問わず執筆。妄想が得意なので、誰かになりきった執筆も多い。フリーランスのPRとしても飲食店やプロジェクトを担当。プライベートでは一児の母。仕事と子育ての両立に奮闘中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。