1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 多忙なキャリア女性の疑問。訓練すれば短い睡眠時間でも耐えられる?

多忙なキャリア女性の疑問。訓練すれば短い睡眠時間でも耐えられる?

多忙なキャリア女性の疑問。訓練すれば短い睡眠時間でも耐えられる?

メールの返信という小さいことから、プロジェクトの成功を左右するプレゼンまで、さまざまな仕事に日々追われるキャリア女性。猫の手も借りたいぐらい忙しいとき、こんなこと思いませんか?

「もっと睡眠時間を短くできれば......」

仕事の効率をあげるといっても限界があります。となると、やはり最初に思いつく時間の捻出方法は、睡眠時間の削減。でも、そもそも訓練や慣れで、人は、短い睡眠でも耐えうるようになるものなのでしょうか......?

無理に睡眠を短くしても意味なし!?

先に結論を言ってしまいましょう。答えはノーです。

自分にとって十分な睡眠時間を「変える」方法はない。自分にどれだけの睡眠が必要か把握できたら、それだけ寝てみるといい。そうでなければ、自分にとって最高のパフォーマンスをあげることはできない、ということを知っておくといい。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

睡眠時間を減らせばそれだけパフォーマンスも低下してしまうため、意味がありません。そして、最適な睡眠時間は人によって異なります。5時間で十分な人もいれば、9時間寝ないといけない人もいるでしょう。

よって、一番大切なのは、自分にとってのベストを見つけること。睡眠時間が足りないとパフォーマンスが低下するということは、逆に最適な睡眠をとればそれだけパフォーマンスが上がるということ

よりたくさんの仕事をこなしたいのなら、睡眠時間を短くして確保するのではなく、自分に合った睡眠時間を見つけるようにしましょう。あきらかに自分に負荷をかけ無理をするようなことをしても意味がない、というのは他のことにも通じそう。「もっと自分を大切に」をどうかお忘れなく。

BUSINESS INSIDER JAPAN

>>BUSINESS INSIDRE JAPANをもっと読む

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    多忙なキャリア女性の疑問。訓練すれば短い睡眠時間でも耐えられる?

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。