1. Home
  2. マネー
  3. 転職成功! 紹介会社からのお祝い金は確定申告の必要あり?【40代からのマネー計画】

転職成功! 紹介会社からのお祝い金は確定申告の必要あり?【40代からのマネー計画】

転職成功! 紹介会社からのお祝い金は確定申告の必要あり?【40代からのマネー計画】

無事転職先が決まりました。入社して3か月後に、紹介会社から「お祝い金」が支給されるそうです。ちなみに支給額は転職先の想定年収の7パーセントになるとのこと。私の場合、想定年収が700万円になるので、21万円支給される予定です。この場合、「お祝い金」は確定申告の対象となりますか。(43歳、会社員)

転職が無事決まったとのこと! おめでとうございます。

3ケ月後に紹介会社から転職先の想定年収の7%相当の21万円が「お祝い金」として支給されるそうですが、こちらは確定申告の対象となります。

紹介会社とは雇用関係はありません。では何所得として確定申告の対象となるのでしょうか。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。この所得には、次のようなものがあります。

(1)懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)、競馬や競輪の払戻金(2)生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期払戻金等(3)法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます。)(4)遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

一時所得|所得税|国税庁

一時所得の計算方法は、総収入金額からその収入を得るために直接支出した金額を差引き、さらに特別控除額(最大50万円)を差引きます。

特別控除額を超える一時所得がある場合は、その所得金額の2分の1したものを他の所得金額と合算して、総所得金額を求めます。

紹介会社からのお祝い金は、上記(3)の法人からの贈与にあたるため一時所得として所得税の課税対象ということになります。ただし課税対象とはなりますが、一時所得は50万円の控除額があるため、21万円の支給であれば税金はかからないことになります。

なお従業員を雇用する際に、雇用する会社が支払う支度金は雑所得となります。雑所得は収入金額から必要経費を差し引いた金額が課税対象です。

また支給時に雑所得に対し、源泉所得税が10.21%天引きされます。

もし雇用された後にお祝い金を支給されたとしたら、こちらは給与所得になります。この場合の源泉所得税は賞与の税率を用いて計算します。

このようにお祝い金等をどこからいただくのか、またいついただくのかによって課税関係が変わってきます

ご自分が何所得になるのか、また確定申告をする必要があるかどうか不明の場合は、専門家や税務署にお問い合わせくださいね。

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    転職成功! 紹介会社からのお祝い金は確定申告の必要あり?【40代からのマネー計画】

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。