1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 【ビジネス手土産 #17】春めいてきたら、フルーツサンド。彩りとみずみずしさをギフトに

【ビジネス手土産 #17】春めいてきたら、フルーツサンド。彩りとみずみずしさをギフトに

ビジネス手土産

【ビジネス手土産 #17】春めいてきたら、フルーツサンド。彩りとみずみずしさをギフトに

急に寒くなる日もあるとはいえ、春めいてきましたね。小さく芽生えていた春へのワクワク感が一気に膨らみ、いまにも弾けそう。コートは薄くなり、タイツもいらなくなり、ああ、ピクニックしたい! お花見はいつにする?

こんな時期の手土産に選びたいのは、やっぱりこのワクワク感をいっそう盛り上げてくれるようなもの。パッとあざやかな色や、さわやかな香り、みずみずしさをお届けしたいものです。

今回は、誰もが知る高級フルーツの老舗から、差し出した瞬間にテンションの上がるフルーツサンドと、これからの時期にぴったりのフルーツデザートをご紹介します。

手土産のフルーツなら『銀座千疋屋』。ブルー×赤の包装は若き日の憧れ

某大企業の役員秘書をしていたお姉さまから、役員クラスの手土産事情について「○○さんにはメロン。そんな秘書用のリストがあるのよ」と聞いてドキドキしたのは、大学生のころだったでしょうか。彼女は加えて、メロンはメロンでも「『銀座千疋屋』のメロン」なのだと教えてくれました。

そのころは正直「贈りものにフルーツってなんだか大人。でも東京には素敵なパティスリーがいっぱいあるのに、なんでそのままのフルーツなの?」くらいに思っていました。だけど、今ならわかります。『銀座千疋屋』のフルーツギフトの価値。だって、大人になり疲労困憊だったときに届いたピカピカのイチゴ、すごくうれしかった。それにあの美しい包装紙。いつ見ても気持ちが高揚します。

20170306_sembikiya_2.jpg
銀座という街を通ってきた大人で、この包装を見てテンションの上がらない人っているのでしょうか。

そして、そんな憧れの『銀座千疋屋』に、包装紙と同じ柄の箱でテイクアウトできるフルーツサンドがあることを知ったときの、そのトキメキといったら......!

箱を見ただけでテンションが上がる、これぞ銀座手土産なフルーツサンド

今どきのフルーツサンドって、クリームが溢れ出たりフルーツがこぼれ落ちたりで、エレガントに食べられるもの、少ないですよね。もちろん、それはそれでおいしいし魅力的。でも、『銀座千疋屋』の「フルーツサンド」は、2、3くちで食べきれるサイズにカットされたものが8切れ。さりげなくオフィスにお持ちするなら、この塩梅も高ポイント。

20170306_sembikiya_3.jpg
「フルーツサンド」(8切れ入り)1,080円(税込)。

中には、あざやかなイチゴや黄桃、そして、グリーン役を司るのはメロン! メロンの旬は夏ですが、ほかの季節にいただいてもしっかりとおいしいのは、さすがフルーツ専門店。春の陽気にも、青い香りとみずみずしさがよく似合います。

ひと箱1,080円(税込)という、自分用にはちょっぴり贅沢で、だけど手土産としてならお手頃な価格。このあたりも"もらってうれしい"気持ちにさせる重要なポイント。この箱、いただくと本当にテンションが上がります。

20170306_sembikiya_4.jpg

フルーツ専門店が作った、まるごとみかんを贈れるゼリー

とはいえ、当日中にお召し上がりいただけない可能性がある場合、この"『銀座千疋屋』の「フルーツサンド」"という技は使えません。日持ちのするもので、かつフランクにお渡しするなら、フルーツ専門店らしさも感じられるデザート「銀座まるごとみかんぜりぃ」を。

20170306_sembikiya_5.jpg
「銀座まるごとみかんぜりぃ」(6個入り)。3,348円(税込)。

箱を開けると、みかんが6個......ではなく、ゼリーです。でも名前の通り、みかんがまるごと入っているので、「みかんが6個」も間違いではないですね。

20170306_sembikiya_6.jpg
上から見ても、横から見ても、みかん。

重さがあるので外でお渡しする場合には不向きですが、老若男女、きっとみんなが好きです、これ。

20170306_sembikiya_7.jpg

ひと目で『銀座千疋屋』とわかる包装紙に加え、丸みを帯びた可愛らしい瓶入りで、高級感は文句無し。それに対して、ビジュアルやネーミングの響きはカジュアルなので、重々しくなく、フランクにお渡しできますよ。

銀座本店がこの春リニューアルオープン!

今回ご紹介した「フルーツサンド」と「銀座まるごとみかんぜりぃ」は新宿と築地の店舗でも購入できますが、時間や場所的に可能なら、ぜひとも銀座本店へ。

というのも、銀座本店は、3月3日にリニューアルオープンしたばかり。1Fのフルーツショップは120余年の歴史を重んじて、クラシカルとモダンを取り入れたシックな装いに。2Fのフルーツパーラーはやわらかな空気に包まれ、ゆったりと落ち着いて過ごせる空間に生まれ変わりました。

実はこのタイミングで、前述の「フルーツサンド」に使用される食パンもリニューアル。さらにおいしくなったんですよ。そんな「フルーツサンド」をパーラーでじっくりと味わうもよし。ショップで美しい旬のフルーツを鑑賞するもよし。生まれ変わった銀座本店を体感してから向かえば、フレッシュな話題も合わせてお届けできますね。

銀座千疋屋

電話:(問)03-3572-0101住所:東京都中央区銀座5-5-1営業時間:10:00〜20:00(日・祝は11:00〜18:00)定休日:年末年始http://ginza-sembikiya.jp※オンラインショップあり

※リニューアル記念企画(2017年3月3日〜9日の期間限定)「フルーツサンド」:通常1,080円(税込)のところ864円(税込)に。「マスクメロン」(1玉・化粧箱入):通常12,960円(税込)のところ8,640円(税込)に。

撮影/さくらい しょうこ

醍醐由貴子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    【ビジネス手土産 #17】春めいてきたら、フルーツサンド。彩りとみずみずしさをギフトに

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。