1. Home
  2. マネー
  3. 結局いくらあれば安心? 「老後資金」と「緊急資金」の理想的な貯金額

結局いくらあれば安心? 「老後資金」と「緊急資金」の理想的な貯金額

結局いくらあれば安心? 「老後資金」と「緊急資金」の理想的な貯金額

生きている以上、切っても切り離せない「お金」の問題。もちろんみなさん、毎月多かれ少なかれ貯金はしていることでしょう。でも、「もし突然病気になったら......」「老後困らないためには......」と考えだすと、「結局いくらあったら安心なの?」という疑問にぶつかります。

そんな誰しもが持つ疑問の答えを、『The Automatic Millionaire』の著者、デヴィッド・バッハ氏に教えてもらいましょう。

年齢とともに貯金額も増やして

バッハ氏によると、「貯蓄のカギは、収入から自分自身に還元する比率」なんだそう。そして、準備しておきたいお金は、やはり退職後に使う「老後資金」と病気になったときなどのための「緊急資金」。

そのふたつのはいったいだれだけあれば安心なのか......。バッハ氏によるその答えは以下のようになります。

30歳代は「老後資金」用に収入の12.5%、「緊急資金」用には3カ月〜6カ月の支出分を貯めておくとよい。

40歳代は「老後資金」用に収入の15%、「緊急資金」用には6カ月〜12カ月の支出分を貯めておくとよい。

50歳代は「老後資金」用に収入の20%、「緊急資金」用には12カ月〜24カ月の支出分を貯めておくとよい。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

もちろん生活スタイルなどによって個人差はありますが、これだけあれば概ね安心のようです。これでも心配な場合は、3〜5年分の「緊急資金」を貯めるのがおすすめ。

年齢が上がるにつれて病気のリスクや、万が一職を失ったときの再就職など、不安も増えます。また、一般的には年を重ねればそれだけ収入もアップするので、徐々に貯金額は増やしていくのがベスト。

もちろん不測の事態は起きないに越したことはありません。でも、万が一そうなって焦るなんて、絶対に避けたいですよね。そうならなくてすむよう、いまからしっかりと準備しておきましょう!

BUSINESS INSIDER JAPAN

>>BUSINESS INSIDRE JAPANをもっと読む

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    結局いくらあれば安心? 「老後資金」と「緊急資金」の理想的な貯金額

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。