1. Home
  2. ライフスタイル
  3. スキンケアは3分以内。朝の肌は1分でシャキッと起こしたい

スキンケアは3分以内。朝の肌は1分でシャキッと起こしたい

スキンケアは3分以内。朝の肌は1分でシャキッと起こしたい

夜更かしをした日の翌朝、あきらかに顔や肌が寝ぼけていても、出勤時間は待ってくれません。いつもどおり、3分程度でパパッとスキンケアを済ませて出かけてしまいます。この3分で、もっと効率的に寝ぼけ肌を起こせないものか、専門家に聞いてみました。

約7割が3分で済ませちゃう。忙しい女性の朝スキンケア事情

答えてくださったのは、カネボウ化粧品の星野由紀さん。

「当社がおこなった20~40代の女性900人への調査では、朝のスキンケア時間が3分未満の人が7割弱いらっしゃいました」

との回答が。かなりの人が3分程度で済ませているのかと思うと、少し安心しました。

3分ではダメだと思っている人も約7割

20170407_beauty_02.jpg

「ただ、朝のスキンケア時間が3分未満と答えた人のうち、7割以上の人が、朝すべきスキンケアがちゃんとできていないと思っていらっしゃるようです」

確かに、夜は時間をかけてゆっくりスキンケアすることを思うと、朝との落差が大きいです。しかも朝は、お肌の調子をじっくり見る暇もなく、無意識のルーティンでスキンケアを済ませてしまうことさえあります。

とはいえ、じゃあ朝のスキンケアもじっくり時間をかけられるかと言うと、その自信はありません。

やはりここは忙しい女性を代表して、3分でなんとか朝スキンケアのクオリティを上げる方法を教えてもらいたいところです。

朝こそクリームスキンケアで肌を目覚めさせて

「KANEBOでは、朝にクリームをつかったスキンケアを行うことをおすすめしています」

通常のお手入れの最後に、クリームを塗りながら、手を使ってマッサージを行います。1~2分でできるメソッドですが、肌を目覚めさせ、自分の肌と向き合う時間に。

・クリームを使った朝のアウェイクニングマッサージ

1. 目を閉じてクリームの香りをかぎ、ゆっくりと深呼吸

20170407_beauty_05.jpg

2. 顔全体を包み込むように、手のひらでなじませる

20170407_beauty_06.jpg

3. 目のまわり→鼻筋→小鼻→口のまわりの順でクリームをのばす

20170407_beauty_07.jpg

4. 顔全体を指先でポンポンとリズミカルにタッチ

20170407_beauty_08.jpg

5. 顔全体を両手で包み込み、外側へすべらせながら、耳の下に手を集める

20170407_beauty_other.jpg

6. 集めた手を、首筋から胸元へなで下ろす

20170407_beauty_09.jpg

出典元: KANEBO

説明だけ聞くと時間がかかりそうですが、実際にやってみると、1分程度で終わります。いつものスキンケアとあわせても3分ほどで済むので、これなら続けられそうです。

クリームは朝のねぼけ肌を目覚めさせてくれるものを選ぶ

20170407_beauty_03.jpg

朝のスキンケアに必要なケアは『長時間続くうるおい・ハリ』と『紫外線対策』です。朝用につくられたクリームならそのどちらもがかないます。朝をすがすがしくしてくれる香りや、朝の肌に必要な成分が入っていたり......と、1日を気持ちよく過ごせると思います」

KANEBOでも、朝時間クリームと呼ばれる商品「カネボウ フレッシュ デイ クリーム」(40ml 6,480円 SPF15 PA+++ )を取り扱っているそうです。

20170407_beauty_04.jpg

朝のスキンケア効率を高めるため、体を起こしてくれるアルテア根エキス・ゴールデンカモミールエキス・フカスセラツスエキスなどを配合。生まれたての赤ちゃんを守っている「胎脂」に着想を得て独自開発した「ベビーソフトオイル処方」が長時間うるおい、ハリを与えるのにみずみずしい肌なじみを実現。1日中うるおい、ハリ肌でいられるとのこと。

肌が起きると1日の始まりを体がちゃんと感じてくれる

ねぼけた肌を起こす意識をしながら朝のスキンケアをすることなんて、なかなかありませんでしたが、いつもと変わらない時間でかなうというので、さっそくはじめました。

ちょっと意識して、顔に手を当てて上げるだけで、肌が起き出すような感覚が。そしてなにより、家から一歩出たときの、頬に当たる風が気持ちいい! 1日のはじまりをちゃんと感じられるようになったことが、わたしにとって一番の効果です。

カネボウ フレッシュ デイ クリーム

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
力武亜矢
女性向け情報ライター。約20年に渡り女性マーケットの様々な業務に従事。コスメ、美容、開運、ジュエリー、着物などの販売、統括管理職、企画室長、広報職などを務めたのち、美容・健康を中心とした女性向け情報のライ ター、企業向けPRプランナーとして活動。過労による臨死体験を機に、上質な生き方についての情報発信にも積極的に取り組んでいる。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。