1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 【ビジネス手土産 #20】よけいなものはいらない。優しさとドライフルーツを瓶に詰めて

【ビジネス手土産 #20】よけいなものはいらない。優しさとドライフルーツを瓶に詰めて

ビジネス手土産

【ビジネス手土産 #20】よけいなものはいらない。優しさとドライフルーツを瓶に詰めて

春らしい陽気に浮き足立てば、急に冷たい雨と風。空が青い日のうれしさったらないけれど、そうなってくると、今度は急に紫外線が気になり始める。

季節の変わり目って、体調もお肌の調子も崩しがちですよね。パーティーシーズンもいったん落ち着き、体に摂り入れるものには気をつけなきゃと、思い直す時期だったりもします。それなら、手土産にもその感覚を生かすべし。わたしの手土産の信条です。

というわけで、今回ご紹介するのは、ビューティー&ヘルスコンシャスな方に贈りたい、素晴らしきドライフルーツのギフト。この時期はフルーツも傷みやすくなってきますので、ストックしておいて気軽につまんだり、グラノーラに混ぜても楽しめるドライフルーツは、きっと重宝されると思います。

ドライフルーツは『ファーイーストバザール』に決めていい

貿易会社『ファーイースト』が直営店として展開し、ドライフルーツや塩、それらを使ったスイーツなどを販売する『ファーイーストバザール』。

悩ましいほどに種類豊富なドライフルーツは、すべてがオーガニック。砂糖や漂白剤、ワックスやオイルなども完全無添加で、原材料はフルーツだけ。わたし、完全に信頼しています。

おすすめされるのはどれも本当にすばらしくて、試食をさせていただくとほしくなり、一度購入すればリピート必至。

実店舗数はそれほど多くないにもかかわらず、現在これほどまでに認知されているのは、ほぼほぼスタッフの熱意によるところだと、わたしは思っています。

そんな『ファーイーストバザール』を、ある日いつものように覗くと、なんと瓶入りのドライフルーツを箱詰めできるギフトが登場していました。

20170417_gift_2.jpg

生活感たっぷりのドライフルーツが、高級感あるビジネス対応のギフトへ

これまでは、量り売りで袋やプラカップに入れてくれるシステムで、自宅用、もしくはライトにお渡しする手土産というイメージだったのですが、瓶詰めなら重厚感がぐんとアップ。テーブルに置いて、そのまま気軽につまむのもよさそうですよね。

20170417_gift_3.jpg
ドライフルーツギフト「デーツ」864円/「グリーンレーズン」843円/「インカベリー」940円/箱代(3本入り)216円。ほかに6本入りの箱もあり。

わたしが3種類選ぶなら、絶対に外せないのがデーツ。栄養価が高く、天然のサプリとも呼べるほどに栄養価の高いデーツは、抗酸化作用が高いと言われ、免疫効果のアップも期待できるという優れもの。参鶏湯にも入っていますよね。薬膳の世界でも知られた存在です。

まだ常設展がなかったころ、代々木公園で開催されていたイベントに出店していたところに偶然立ち寄り、このデーツ(それと何種類かの塩)を購入したことがきっかけで『ファーイースト』の存在を知ったわたし。ひと粒食べるたびに感動していたことをよく覚えています。

デーツは酸味がなく甘みが強いので、そこにさわやかな甘みのグリーンレーズン、そして力強い酸味がクセになるインカベリー(食用ホオズキ)をチョイス。お店の方にご意見を伺うと、「完璧だと思います!」とにっこり。よかった、安心!

希少な古代小麦を使用した焼き菓子は、砂糖不使用

女性が複数人いるオフィスへの手土産や、「やはりここはお菓子」というシーンには、「ハーマンタッシェン」を。中にフィリングを入れて焼き上げた三角形のお菓子で、ユダヤのお祭り「プリム」で食べられるこちら。日本ではあまり見かけませんが、実は、ニューヨークなどでは知られた存在。

20170417_gift_4.jpg

お菓子といえども、こちらも砂糖は使用されていません。フルーツや花蜜の甘みだけなので、お砂糖を控えている方にも安心。小麦粉も、古代小麦のひとつであるスペルト小麦を使用しています。口の中でほろほろっと崩れる軽い食感ながら、密度は高く、噛みごたえもあり。軽い朝食代わりにもなりそうですね。

20170417_gift_5.jpg

中のフィリングは、デーツやインカベリー、フィグ、ブラックベリー、アプリコットなどから、自由に選んで組み合わせることが可能です。

文字ではなく、商品から理念が伝わるということ

女性が中心となって活躍している『ファーイースト』では、スタッフ自らが世界各地へと足を運び、商品を開発し、輸入、販売をしています。

当然にナチュラルであること、オーガニックでフェアトレードのものであるべきだというのが、企業理念のひとつまた、「文化的であること」「持続可能であること」また、「価値を保つこと」「満たされること」も理念として掲げています

オンラインやイベント販売のみだったころから、多くの人の行き交う街に店舗を展開するようになった今でも、これらの軸がブレていないことは、お店に行けば、そして商品を口にすればしっかりと伝わってきます。

だからこそ、安心して自分の生活に取り入れてきたし、それを大切なシーンでギフトとして贈れる体制ができたこと。本当にうれしいです。

現在『ファーイースト』は、埼玉・飯能一の景観地「飯能河原」を見下ろす断崖絶壁に、ブリュワリー&レストラン『カールヴァーン』をオープンする準備を進めているとのこと(2017年初夏オープン予定)。

世界各地から輸入してきた食材や地場野菜をふんだんに使い、さまざまな国の食文化を堪能できる料理。レストラン内のブルワリーで醸造仕立てのビール。ワインにもこだわり、コーヒーは自家焙煎。ジェラートやスイーツ、パンも自家製のものが用意されるそうで、まさに『ファーイースト』の世界がすべて詰まったようなお店となる予感です。

お渡ししたギフトを喜んでいただけたら、次は『カールヴァーン』に誘ってみるのもありかもしれません。わたしも、大切な人たちと飯能まで足を運ぶのが今から楽しみです。

ファーイーストバザール(ルミネ新宿店)

電話:03-3342-2230住所:東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿店 ルミネ1・6F営業時間:11:00〜22:00(フードL.O.21:00/ドリンクL.O.21:30)定休日:なし※ほかに、渋谷ヒカリエ、吉祥寺アトレなどにも店舗あり (問)0429-73-2060

撮影/さくらい しょうこ

醍醐由貴子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    【ビジネス手土産 #20】よけいなものはいらない。優しさとドライフルーツを瓶に詰めて

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。