1. Home
  2. ライフスタイル
  3. おいしいオリーブオイルを、ラベルとボトルから見分けるには?

おいしいオリーブオイルを、ラベルとボトルから見分けるには?

おいしいオリーブオイルを、ラベルとボトルから見分けるには?

調味料に欠かせないオリーブオイル。たくさん種類があるなかで、上質でおいしいものを見分けるには? ラベルとボトルから見分ける方法を、食メディアFOODIEから紹介します。

おいしいオリーブオイルを見極める3ポイント

おいしいオリーブオイルを見極める指標は、「ボトル」「認定マーク」「産地」の3つだそう。

201704_oliveoil_2.jpg

1. オイルの品質を保つ「ボトル」をチェック

「プラスチックのボトルは空気を通しやすく、オリーブオイルが酸化しやすいので要注意です。ガラス製の瓶または缶に入っているもののほうが良いでしょう。光に当たるとオイルが変質するので、瓶の色はグリーンや黒など遮光されるものが理想的」

2. お墨付きを知る! 「認定マーク」を確認

「現在は認定団体が多数あり、オリーブオイルには実に多様なマークがつけられています。『このマークが付いていれば絶対に良いオリーブオイルだ』と言い切れるわけではありませんが、認定団体のお墨付きを得ていることは、オリーブオイル選びのひとつの指標になります」

3. 「産地」ごとの味の特徴を知ると、選びやすくなる

さまざまな味わいのオリーブオイルの中から、好みのものを見つけるヒントとなるのが「産地(※)」。オリーブは気候によって風味に違いが出てくるので、国やエリアごとに味の特徴があるんだそう。

※産地とは 原産国=主にオリーブを摘み取った場所 製造元=オリーブを搾油した場所

FOODIEより引用

例えば、フランス産のオリーブオイルは「オリーブが完熟した状態で収穫されることが多く、バターのようなマイルドな風味」。スペイン産は「ピリ辛の風味と苦味がやや強め」。日本産は「和食や刺し身にもぴったりな繊細な味わい」。

3000種以上あるといわれるオリーブオイル。あくまで、いいものを見極めるためのひとつの指標ですが、お店で見るポイントが変わりそうです。

認定マークの詳細や産地ごとの特徴はFOODIEをチェックしてみてください。

FOODIE

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter

    おすすめ

    powered byCXENSE

    JOIN US

    MASHING UP会員になると

    Mail Magazine

    新着記事をお届けするほか、

    会員限定のイベント割引チケットのご案内も。

    Well-being Forum

    DE&I、ESGの動向をキャッチアップできるオリジナル動画コンテンツ、

    オンラインサロン・セミナーなど、様々な学びの場を提供します。