1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 天空の城のよう。深呼吸したくなるモンテネグロの山の風景

天空の城のよう。深呼吸したくなるモンテネグロの山の風景

天空の城のよう。深呼吸したくなるモンテネグロの山の風景

この春、旅したモンテネグロは、バルカン半島に位置する小国。この地域で一番の観光国であるクロアチアとくらべるとひなびた印象ですが、その分のんびりできる国でした。

一番印象に残ったのは、わたしの知る国のなかでも1、2を争うと思われる治安の良さ! おかげで、滞在日数に比例して、肩の力が自然と抜けていくのも、嬉しい旅の効果でした。

さて、前篇の海辺の風景に続いて、本篇では、モンテネグロの山の風景を紹介します。

古都Cetinje(ツェティニェ)

「黒い山」という意味の名の通り、モンテネグロは、山がちな国です。なにしろ、ベルギーの半分以下という表面積に、2,000m超の頂(いただき)が70以上、国土の海抜は、平均1,060mもあります。

現在のモンテネグロの首都はPodgorica(ポドゴリツァ)ですが、それ以前、15世紀から20世紀前半までは、首都はCetinje(ツェティニェ)におかれていました。

20170520_motntenegro_1.jpg

古都ツェティニェは、石灰岩の山に取り囲まれた土地です。そのひとつである標高約1,700mのLovćen(ロブチェン)山は、64,000ヘクタールのロブチェン国立公園の中心となっています。

ロブチェン国立公園からの眺望

20170520_motntenegro_2.jpg

ロブチェンの頂上には、モンテネグロの英雄Petar II PetrovićNjegoš(ペータル2世ペトロヴィッチニェグシ)主教公の霊廟が置かれています。

20170520_motntenegro_8.jpg

500段近い階段を上ってたどり着く霊廟からの眺めは圧巻で、360度見渡すばかり山、山。まるで山の海に取り囲まれた心持がします。

20170520_motntenegro_3.jpg

広いロブチェン国立公園には、ハイキングコースや遊歩道も多くあり、前篇で紹介したコトル湾に近い場所からは、複雑に入り組んだ湾を眼下に見ることができます。

雲が動くたびに表情を変える景色を眺め、聞こえるのはただ風の音ばかり。上の写真を撮った場所では、小一時間身動きが取れませんでした。

岩にはめこまれたように建つオストログ修道院

モンテネグロの主宗教は正教で、国全体に、修道院や教会が多く見られます。町に建つ教会と異なり、修道院はたいてい人里離れた場所に建っています。

20170520_motntenegro_4.jpg

崖にはめこまれたように建つオストログ修道院もそのひとつ

17世紀に建てられたもので、曲がりくねった坂道を登りつめた先にある静かな祈りの場ですが、毎年5月には国内外から多くの巡礼者が集まることで知られています。

素晴らしい見晴らしのSokoline(ソコリネ)ホテル

20170520_motntenegro_6.jpg

このオストログ修道院の近くにあるのが、ホテル「Sokoline(ソコリネ)」。ソコリネとは、鷹の巣という意味だそうです。

実際、鷹の巣のように崖の上に建つ同ホテルからは、エメラルド色のZeta(ゼタ)川の谷間からオストログ修道院までまさしく一望千里。山好きにはたまらないロケーションです。

日没の美しさも、格別。

20170520_motntenegro_5.jpg

本来なら、モンテネグロの山を語るには、標高がさらに高い北部のDurmitor(ドゥルミトル)国立公園やBiogradska gora(ビオグラドスカ・ゴラ)国立公園などが外せません。

わたしももちろん滞在予定にしていたのですが、この4月欧州を襲った異例の寒波と重なり、積雪30cm、最低気温マイナス11度のニュースを聞いて、泣く泣く旅程を変更しました。

我が家の「リラックスできる旅先リスト」に加わったモンテネグロ。次に行くときは、かならず見残した国立公園をまわりたいと思っています。

Manastir Ostrog(オストログ修道院), Hotel Sokoline

  • facebook
  • twitter
  • hatena
冠ゆき
山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、国立大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド五年、イタリア三年半、中国四年半の生活を経た後、2013年夏フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40カ国。六ヶ国語を解する。多様な文化に身をおいてきた経験を生かして、柔軟かつ相対的視点から、フランスのあれこれを切り取り日本に紹介中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。