1. Home
  2. ライフスタイル
  3. カフェみたいな精肉店がセレクト。丸の内「和牛プロジェクト」

カフェみたいな精肉店がセレクト。丸の内「和牛プロジェクト」

カフェみたいな精肉店がセレクト。丸の内「和牛プロジェクト」

お肉は、量より質。本当に美味しいと思えるものを、残さずいただけるくらいの適量で、美しく食したい。今日も今日とて美味しい肉情報をリサーチしていると、精肉店セレクトの高級牛を楽しめるお店を見つけました。

精肉店がファッショナブルに進化

20170529_beef_04.jpg

精肉店といっても、今回紹介する精肉店「TOKYO COWBOY」は、小さい頃に見た近所のお肉屋さんとはちょっと様子が違います。

東京・用賀にあり、内装からショーケースに至るまで、これまでのお肉屋さんとはあきらかに趣が異なり、まるでカフェか撮影用キッチンのよう。お肉は、カットされていないブロック肉だけを陳列。あえて産地やブランド名も表示せず、お客様のニーズにあわせてオーダーカットで提供しています。

わたしたちが美味しくて良質なお肉を口にするためには、そのお肉を選んでレストランなどへ卸す、精肉店の審美眼が欠かせません。名だたる有名店にもお肉を販売している精肉店がセレクトした肉料理ということで、期待が高まります。

80年間磨き上げられた和牛の味を丸の内で

20170529_beef_01.jpg

そのTOKYO COWBOYがセレクトしたお肉の料理は、丸の内の明治生命館にあるレストラン「ロゼット」で、「和牛プロジェクト」として6月30日(金)までの期間限定でいただくことができます。

TOKYO COWBOYが取り扱う黒毛和牛の99.9%は、昭和14年に生まれた名牛「田尻号」の血を受け継ぎます。今日まで約80年間、守り、磨き上げられてきた美味しさなのです。

柔らかさ、美味しさ、香り、すべての条件が揃った肉を厳選

20170529_beef_02.jpg

さらに、「月齢30カ月前後」「雌牛」に限定。通常は27ヶ月で出荷されますが、月齢30ヶ月前後まで待つことで、肉の旨みが増し、味がのり、焼いたときの香りもひときわ良くなるそうです。

「雌牛」は、雄牛と比較すると脂があっさりしていて、肉が柔らかく、きめ細かいとのこと。TOKYO COWBOYで扱う雌牛は、出産経験がない「未経産」の牛のみなので、肉がみずみずしく、色艶が良く、食感も良いそう。

産地やブランドではなく、いちばん美味しくいただける条件の、本物の上質肉を提供する。TOKYO COWBOYさんの、肉への愛と情熱を感じます。

希少部位3種をワインのようにテイスティング

20170529_beef_03.jpg

「和牛プロジェクト」でいただけるメニューは、「和牛三種テイスティングプレート」(12,000円・税サ別)。TOKYO COWBOYセレクトによる黒毛和牛3種(テンダーロイン、サーロイン、トモサンカク)を楽しめるテイスティングプレートです。

各部位に一番適したカットと火入れで、肉本来の味わいを楽しみます。

美しく繊細な霜降りが入った「トモサンカク」、筋肉が少なくやわらかい「サーロイン」、1頭の牛から5~6kg しかとれない「テンダーロイン(フィレ)」のそれぞれの魅力を、五感で堪能できるプレート。いまだからこそ味わえる、エンターテインメントなディナーです。

レストラン 「ロゼット」 『和牛プロジェクト』 概要

期間:2017年5月22日(月)~6月30日(金) ディナータイム18:00~23:30(21:30 LO)※土日祝日 内容:「和牛三種テイスティングプレート」 12,000円(税・サービス料別) 場所:「センチュリーコート」内 レストラン「ロゼット」東京都千代田区丸の内2-1-1明治生命館B1F Tel.03-3213-1711

[CENTURY COURT]

  • facebook
  • twitter
  • hatena
力武亜矢
女性向け情報ライター。約20年に渡り女性マーケットの様々な業務に従事。コスメ、美容、開運、ジュエリー、着物などの販売、統括管理職、企画室長、広報職などを務めたのち、美容・健康を中心とした女性向け情報のライ ター、企業向けPRプランナーとして活動。過労による臨死体験を機に、上質な生き方についての情報発信にも積極的に取り組んでいる。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。