1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ガーリーをやめたソフィア・コッポラが描くのは、ダークな人間関係

ガーリーをやめたソフィア・コッポラが描くのは、ダークな人間関係

ガーリーをやめたソフィア・コッポラが描くのは、ダークな人間関係

閉幕してもなお、余韻が冷めやらぬ第70回カンヌ国際映画祭。河瀨直美監督の「光」ほか、日本からも多くの作品が上映されました。

そのなかで、ひときわ日本公開が待ち遠しいと話題を集めているのが、監督賞を受賞したソフィア・コッポラ監督の『The Beguiled(ザ・ビガイルド)(原題)』です。公式上映には、この作品で第70回記念名誉賞を受賞したニコール・キッドマンをはじめ、コリン・ファレル、キルスティン・ダンストなどの豪華キャストが、監督のもとに集合しました。

しかし、会場に花を添えたキャストの華やかさとは裏腹に、この作品、実はかなりダークなストーリーなのです。

"かわいい"から一転、作風が変化した理由とは

20170531_thebeguiled_1.jpg

photo by Gettyimages

ソフィア・コッポラ監督といえば、『ゴッドファーザー』などの大作を手掛けた名匠フランシス・フォード・コッポラ氏を父に持つことはあまりにも有名。1971年に氏の長女としてニューヨークで生まれました。

女優を経て、1999年に『ヴァージン・スーサイズ』で映画監督デビューを果たし、2003年には東京を舞台にした『ロスト・イン・トランスレーション』を発表。2007年に日本公開された『マリー・アントワネット』では、パステルカラーとキラキラした世界観に心を鷲掴みされた女性も多いはず。もう10年も前になるのですね。

彼女の作品に共通してきたのは、けだるさ、かわいらしさ、そして奔放さ。しかし、この『The Beguiled』は一転し、ファッションなどにその要素は残しながらも、男子禁制の女の園で繰り広げられるダークでセクシャルなストーリー。今までの彼女の作風とは一線を画したものとなっています。

同世代の女性として、この作風の変化に興味を抱かずにはいられません。

「女性監督でなければ作り出すことができなかった物語」

20170531_thebeguiled-3.jpg

© 2017 Focus Features LLC All Rights Reserved

ストーリーの舞台は南北戦争期。ヴァージニアの男子禁制の女学園に、ひとりの負傷した北軍兵士を学園内に迎え入れたことが事の発端。性に敏感になった女性たちに競争心が生まれ、やがて驚くべき事態に――。

この作品の原作はトーマス・P・カリナンの小説『The Beguiled』で、1971年にはドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッド主演で邦題「白い肌の異常な夜」として映画化されています。

カンヌ映画祭でのインタビューで、「シーゲル監督の作品を下敷きにはしているけれど、新たな解釈であって、リメイクではないの」と、ソフィアはぴしゃりと言い放ちました。リメイクではない彼女ならではの解釈で、どのように描いていくのかが最大の見どころになりそうです。

女学園の校長役を演じたニコール・キッドマンは次のように語っています。「本作を監督するには、女性でなければならないと思うわ。女性の本質から作り出される物語なの」

同世代の女性監督が"女性の本質"から作り出した物語。今冬の日本公開が待たれるばかりです。

『The Beguiled』(原題)

今冬公開予定監督:ソフィア・コッポラ出演:コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、キルスティン・ダンスト、エル・ファニング提供:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

(c)2017 Focus Features LLC All Rights Reserved

大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    ガーリーをやめたソフィア・コッポラが描くのは、ダークな人間関係

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。