1. Home
  2. ライフスタイル
  3. おいしいアイスティーの淹れ方を、TWG Teaで教えてもらった

おいしいアイスティーの淹れ方を、TWG Teaで教えてもらった

おいしいアイスティーの淹れ方を、TWG Teaで教えてもらった

アイスティーがおいしい季節になると、好みのティーブランドで茶葉を買い、自宅でお気に入りのポットいっぱいに作るのですが、ティーサロンでいただくような味わいと香りは、いまいち得られないのが悩みでした。

そこで、豊かな味わいと香りが楽しめるアイスティーの作り方を、ティーブランド「TWG Tea」で教えていただきました。

世界中の高級茶葉をブレンドしたラグジュアリーティー

20170605_tea_3.jpg

「TWG Tea」は、世界展開しているラグジュアリーティーブランド。日本では、自由が丘のティーサロン&ブティックをはじめ、新丸ビル、東急プラザ銀座、玉川高島屋にティーブティックを構えています。

茶葉を生産するすべての国を網羅するために、茶葉生産が盛んなアジア圏の中心であるシンガポールに本社を構えたのだとか。世界最高級クラスの茶園から直接届いた茶葉でブレンドされたオリジナルティーは、他に類をみない深い奥行きの味わいを持ち、豊かな香りを放ちます。

アイスティーにはアイスティーに適したブレンドがあるそうで、「TWG Tea」では毎年、アイスティーバッグコレクションを発売しています。

アイスティーは作りかた次第で違う味を楽しめる

20170605_tea_2.jpg

アイスティー用のティーバッグとホット用とで何が違うのか、「TWG Tea」のPR担当、丸山卓哉さんにうかがったところ、

「通常アイスティーはホットティーにくらべ、香りがたちにくいという特徴があります。そこでTWG Teaでは、アイスでもホットでも豊かな香りをお楽しみいただくために、水出しで十分な香りが引き出せる商品を考案し、お手軽に、そして優雅にご利用頂けるアイスティーバッグコレクションを発表しました」

とのこと。

さらに、同じティーバッグでも、作りかたを変えることで違う味わいを楽しめるそうです。水出しとお湯出し、2つの楽しみ方を伺いました。

水出しでつくる(1リットル分): やさしくほのかにただよう香りを楽しむ

1. ガラスのピッチャーにティーバッグ1袋を入れる

2. 1リットルの常温水を注ぐ

3. 12時間ほど冷蔵庫で冷やす

4. よくかき回し、ティーバッグを取り出してからサーブする

お湯出しでつくる(1リットル分) : 強いコクと深い香りを楽しむ

1. ティーポットにティーバッグ1袋を入れる

2. 500mlの沸騰したお湯を注ぐ

3. 5分ほど抽出する

4.ティーバッグを取りだし、大きな氷がいっぱい入ったグラスにお茶を注ぐ

水出しなら、手間がかからなくて助かります。寝る前や出勤前に作って冷蔵庫に入れておけば、飲みたいときにすぐ飲めて便利です。

豊かな香りのアイスティーバッグ

20170605_tea_4.jpg

試しに、「TWG Tea」から2017年6月1日(木)に発売される新作のうち、「Red Chai Iced Teabag」を水出しで作ってみたところ、本当に香りが豊か!

甘さとスパイシーさをあわせ持つ複雑な香りでありながら、口当たりはマイルドで、ありそうでなかった味わいです。

今年のわが家のアイスティーは、ひと味違う存在になりそうです。

TWG Tea

  • facebook
  • twitter
  • hatena
力武亜矢
女性向け情報ライター。約20年に渡り女性マーケットの様々な業務に従事。コスメ、美容、開運、ジュエリー、着物などの販売、統括管理職、企画室長、広報職などを務めたのち、美容・健康を中心とした女性向け情報のライ ター、企業向けPRプランナーとして活動。過労による臨死体験を機に、上質な生き方についての情報発信にも積極的に取り組んでいる。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。