1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ケンジントン宮殿の草原で。英ロイヤルファミリーの近況

ケンジントン宮殿の草原で。英ロイヤルファミリーの近況

ケンジントン宮殿の草原で。英ロイヤルファミリーの近況

5月末に公開された、キャサリン妃ご一家の最新写真がとてもすてきでした。

見ているこっちがほっこり気分に

シックなモノクロ画像で最初に目についたのが、キャサリン妃とウィリアム王子。いつものことながら仲がいい様子に、見ているほうもほっこり気分になります。

こちら、ウィリアム王子がイギリス版『GQ』7月号のインタビューを受けた、その関連画像の一枚だったのです。もちろん表紙にもなりました。

4月に行われた撮影では、ご一家と、イングリッシュ・コッカー・スパニエルの愛犬ルポが庭でくつろいでいます。

でも、草ボーボーなんですけど......。ああ、やっぱりアンマーホールにはこんな自然のままの一角があるのね、と思いきや、撮影はケンジントン宮殿だというではないですか。

宮殿の庭といえば、低木と花の美しい伝統的な英国式庭園ばかりを想像していました。ケンジントン宮殿にこんな自然のままの一角があるということに、ちょっとびっくり。

この画像からは、ひたすらマイペースなシャーロット王女の様子がうかがえます。

別の画像では、お父さんに寄り添いながらも、自分の世界に入り込んでいるようです。何を考えているのでしょうか。

2歳とは、まだ社会のルールに縛られてはいない、実に自由な年齢。好きです、こんなプリンセス。

ちょっとシャイな笑顔を見せているジョージ王子もとってもキュート。上に挙げた『GQ』表紙のウィリアム王子に似てきた気がします。

ジョージ王子とシャーロット王女がのびのびと育っている姿に、キャサリン妃とウィリアム王子の親心を感じて、ますますロイヤルカップルのファンになってしまいました。

[Metro, GQ]

photo by Gettyimages

  • facebook
  • twitter
  • hatena
ぬえよしこ
通算21年のアメリカ生活=テキサス居住歴の東京テキサス人。立教大学英米文学科卒、北テキサス大学院映画専攻修了。映画・航空・教育業界で、ずっと日本語と英語を使っています。ほどほどに都会、ほどほどに田舎、なんでもでっかいダラスで、好きなことや興味のあることを書いています。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。