1. Home
  2. ライフスタイル
  3. タイハーブ生まれ。曜日別に香りを楽しめるキャンドル

タイハーブ生まれ。曜日別に香りを楽しめるキャンドル

タイハーブ生まれ。曜日別に香りを楽しめるキャンドル

タイ・バンコクで竹原亜美さんが手掛けるライフスタイルコンセプトショップ「ABRACADABRA-lifestyle concept shop」とタイの人気ナチュラルブランド「BsaB(ビーサビー)」の協力で作られた「7つの惑星キャンドル」が、クラウドファンディングに挑戦しています。

タイに古くから伝わる7つの惑星とハーブの関係をコンセプトに取り入れ、月曜日から日曜日まで、それぞれの心理に作用するような香りがブレンドされてる特別感たっぷりな「GALAXY キャンドル」です。

自分が良いと思ったものを伝えたい

竹原さんは、タイに暮らして6年目。日本では美容関係の仕事に携わっていましたが、イギリス留学時代に知り合ったタイ人のご主人との間に子どもが生まれたことがきっかけとなり、タイへ移住。バンタンデザイン研究所や美容関連の学校で学んだ知識を生かし、かねてからの夢だったライフスタイルをテーマにしたお店を、4年前にバンコクでオープンさせました。

20170607_candle_6.jpg

お店に置いてある商品はすべて、タイの小規模な生産者が手掛けているオーガニックの商品。竹原さんがファーマーズマーケットをまわったりしながら生産者の話を聞き、実際に自分で使ってみて良いと思ったものだけを店頭に置くようにしているそうです。

デパートなどでは手に入らない特別感と、竹原さんのセレクト基準が支持され、自分用としてはもちろん、ギフトとして購入するお客さんも多いそうです。

20170607_candle_2.jpg
お店で取り扱っている「Nuaynard(ヌイナード)」のヴァージンココナッツ& 黒ゴマのクレンジングオイル(200ml/260タイバーツ)、モリンガオイルの美容オイル(20ml/360タイバーツ)

生産者、販売店、顧客。みんなが平等な関係を作りたい

子育てとお店の運営に奮闘する生活をしていた竹原さんですが、バンコクで長年暮らすうちに、バンコクの都市部と農家や生産者との間の収入格差の問題が気になりはじめます。

タイの農村者や生産者の収入を上げるために何かできないのだろうか? こうした問題をみんなにもっと知ってもらいたい! 今の自分には何ができるのだろうか? と考えている時に出会ったのが、クラウドファンディングの存在でした。

クラウドファンディングを使って多くの人に呼びかけることで、タイハーブの素晴らしさを知ってもらいながら、こうした問題にも目を向けてもらえるのでは、との気持ちでプロジェクトをスタートさせました。

BsaB(ビーサビー)とのコラボが実現

竹原さんの想いに共感し、協力してくれたのは、タイの有名ナチュラルプロダクツ「BsaB」でした。2006年にタイ人、イギリス人、台湾人の3人のオーナーが立ち上げたエコロジーリードブランドで、パッケージに再生紙を使うのはもちろん、生産工場にソーラーパネルや風力発電を利用するほど、環境問題に徹底して取り組んでいるブランドです。「BsaB」の商品はタイの有名デパートやセレクトショップ、さらには海外にも店舗をもつほど支持されていて、竹原さんもかねてからのファンのひとりだったそうです。

コラボのきっかけは、竹原さんが送ったファンレター。クラウドファンディングに向けての生産工業探しが難航する中、「BsaB」へ今回のプロジェクトの企画内容、自分の想いやプロフィールなどを書いた手紙を送ったのが商品開発担当者の目に留まり、夢のコラボが実現することに。今回のプロジェクトが生んだ素敵な出会いのひとつです。

20170607_candle_3.jpg
EVERYDAY SET ソイキャンドル(缶入り)8,500円のリターン。月曜日から日曜日までの香り7個が入ったセット。缶入りで、持ち運びにも便利
20170607_candle_5.jpg
EVERYDAY SET ソイキャンドル(グラス入り)24,000円のリターン。こちらはグラス入りソイキャンドルが7種。それぞれの曜日別のグラス入りソイキャンドル(3,600円のリターン)もある

「GALAXY キャンドル」は、タイ国内の材料にこだわった原料を厳選。環境に配慮した100%植物性のエッセンシャルオイル、100%のソイワックス、ブリーチ加工されていない自然なコットンウィックを使用しています。

生産者とクリエーターを結ぶビジネスモデル

20170607_candle_top.jpg

竹原さんの挑戦は、これがスタートライン。まずはこのプロジェクトを成功させて、タイの生産者と日本の懸け橋になれたら。ゆくゆくは日本のブランドや企業、ショップなどとの商品開発のお手伝いや、製作者とクリエーターをつなぐ仕事を広げ、タイの農家の雇用拡大に役立ちたいと考えています。

タイの生産者とブランドをつなげて作った夢のコラボ商品。ぜひ手に取ってみてみてはいかがでしょうか。

「7つの惑星のソイキャンドル」クラウドファンディング

クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

ABRACADABRA-lifestyle concept shop

87 Soi Sathorn 21 Sathorn Rd,Yan Nawa Sathorn Bangkok [タイ]02-211-9390 10:00~15:00、17:00~20:00 ※不定休 Instagram , Facebook

  • facebook
  • twitter
  • hatena
美濃羽佐智子
編集者、ライター。出版社勤務を経てフリーランスとなり、2011年から3年間をタイ・バンコクで暮らす。アジアを旅するエディター・ライターユニットTom☆Yamのメンバーとしても活動中。共著に『キレイを叶える週末バンコク♡』(ダイヤモンド社)、『タイ行ったらこれ食べよう!』(誠文堂新光社)。http://www.team-tomyam.com/

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。