1. Home
  2. キャリア
  3. 男女比に席順。職場の仕事効率がラクに上がる2つのアイデア

男女比に席順。職場の仕事効率がラクに上がる2つのアイデア

男女比に席順。職場の仕事効率がラクに上がる2つのアイデア

ちょっとした工夫で、仕事の効率を上げることができるヒントを2つ紹介します。

男女半々のチームだと仕事が進む

ひとつめは、フランスの企業Global Contact(グローバルコンタクト)が発表した、チームの男女比と仕事効率の関係です。

Global Contactは、毎年Gender Scan(ジェンダー・スキャン)と題する国際アンケートを行っています。フランス政府サイトによれば、このジェンダー・スキャンは、UNESCOを含む複数の国際協会の協力を得て行っているもので、科学技術分野における女性の位置を明らかにする研究としては、いまのところ世界唯一のものです。

調査によれば、10人以上のチームでは、男女比が40~60%とほぼ半々のとき、そうでない場合に比べて、仕事の効率が23%も高くなるそうです。

また、仕事に対する満足度にも差が見られます。具体的には、科学技術産業部門では、男女比がほぼ半々のチームは、男女どちらかに偏ったチームと比べ、仕事への満足度が平均10%高いのです。とりわけ、自分の能力が生かされているとか、敬意をもって接してもらっていると感じる人の割合が高く、逆に仕事や職場に苦痛を覚える人はぐんと低いときています。

ある意味、男女半々というのは、自然の環境に近いもの。そういう環境でこそ、能力を発揮でき、精神的満足度が高いというのも、考えてみれば面白いものです。

次に、仕事で新チームを組む時は、この報告を念頭において、男女比をできるだけ40~60%に近づけてみると、好影響が得られるかもしれません

侮れないオフィスの席順

もうひとつの研究は、ハーバードビジネススクールが、Cornerstone OnDemand(コーナーストーンオンデマンド)社の協力を得て、2年がかりで行ったもの。アメリカとヨーロッパのオフィスワーカー2,000人を対象に、仕事の効率と職場の席との関係を測りました。

研究者たちは、まずワーカーを次の3つのタイプ「生産型」「質型」「標準型」に分けた。(中略)

最初のグループ(生産型)は、他より仕事が速いが、その質がやや劣るタイプ。

2番目のグループ(質型)は、質の高い仕事をするが、手が遅いタイプ。

標準型グループは、速さも質も中くらいのタイプ。

Widoobiz」より翻訳引用

結論から言うと、「生産型」と「質型」が近くで仕事をすると、前者の仕事の質が向上し、後者の仕事の速度が上がるという相互効果が見られました。また「標準型」は、他のタイプと混ざらず仕事をするのがベストと判明。同研究は、これを採用することで、生産性は13%、効率は17%アップすると見込んでいます。

これを読み、筆者はコワーキングスペースで仕事をしていますが、どんな人が隣にいるかで、仕事に集中できたり、できなかったりと、大きな差がでることを思い出しました。もちろん、その時の自分の体調や精神状態も関係あるでしょうが、もしかしたら、隣や向かいに座っていた人の影響も少なくないのかもしれません。

職場のメンバーを変えずとも、ちょっと席を替えるだけで、明日からのパフォーマンス向上が期待できるこのニュース。試してみる価値は大いにありそうです。

[Gender Scan 2016 by Global Contact, フランス共和国政府オープンデータ, Widoobiz, Planning strategic seating to maximize employee performance]

photo by Getty Images

  • facebook
  • twitter
冠ゆき
山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、国立大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド五年、イタリア三年半、中国四年半の生活を経た後、2013年夏フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40カ国。六ヶ国語を解する。多様な文化に身をおいてきた経験を生かして、柔軟かつ相対的視点から、フランスのあれこれを切り取り日本に紹介中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと

    MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報

    招待制イベントへの会員限定コードなどをご案内いたします。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方は、ぜひ会員にご登録ください(無料)。