1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 【ビジネス手土産 #24】鮮度命のブッラータ。選ぶのは渋谷産

【ビジネス手土産 #24】鮮度命のブッラータ。選ぶのは渋谷産

ビジネス手土産

【ビジネス手土産 #24】鮮度命のブッラータ。選ぶのは渋谷産

夏野菜がおいしくなり、フルーツ売り場やスイーツ界の季節メニューもすっかり夏の顔ぶれになりました。

この時期の手土産で出番が多いのは、やっぱり涼菓。でも、甘くないものがベターなことも、ありますよね。お世話になっている会社の納涼会にお呼ばれしたときなんかは特に、食後のデザートよりもお酒の進む一品になるようなものが喜ばれたりします。

今回ご紹介するのは、夏の素材と合わせればあっという間にアガる一品が完成するフレッシュチーズ"ブッラータ"。鮮度が命の希少なブッラータを手土産にするなら、目指すは渋谷です。

東京でいちばんフレッシュなチーズを買うなら渋谷の『チーズスタンド』へ

「奥渋谷」と呼ばれるエリアの一角、神山町と富ヶ谷に、チーズ工房があるのをご存知でしょうか。屋号は『CHEESE STAND(チーズスタンド)』。「フレッシュなチーズをより身近に、より安全に、より美味しく楽しんでいただくために」という思いから2012年に誕生しました。

イートインをメインとした神山町の1号店に続き、昨年の12月には富ヶ谷に新たな工房を併設したテイクアウト専門の2号店をオープン。今年3月には、渋谷駅から直結の渋谷ヒカリエ内に3号店を出店しました。

チーズに使用されるのは、東京の牧場でなんと24時間以内に搾乳された生乳。チーズの本場でも認められたチーズ職人が、その脂肪分に残る甘みや旨みを逃さないよう、カードカッティング、熟成、練りといったそれぞれの工程の中で工夫を凝らし、丁寧に手づくりをしています。

170615_cheesestand_1.jpg

希少価値と間違いないおいしさ。世界的に評価されているブッラータ

そんな鮮度ばつぐんのチーズの中でも特に注目度が高いのは、本場イタリアでも希少とされ、日本では初めて商品化に成功したというブッラータ。ぽってりとした巾着型にスッとナイフを入れると、ほのかな甘みを抱えたクリームと繊維状のチーズがとろりと溢れ出します。真っ赤に熟れたトマトやオリーブオイルと合わせて、季節のフルーツを合わせて、ああ、叶うことなら毎日食べたい......!

170615_cheesestand_2.jpg
「東京ブッラータ」1,080円(税込)。出来たてはもちろん最高においしいけれど、2〜3日おいてもまた美味。

このブッラータ。当初はイートインで食べるべきメニューだと思っていたのですが、ある日、はたと思いつきました。「ホームパーティーでこれが登場したらインスタジェニックで盛り上がるだろうな」と。

思い立ったら行動あるのみ。ホームパーティーへと向かう途中に立ち寄り、出来たての「東京ブッラータ」をテイクアウト。ピカピカのフルーツトマトも用意していき、おじゃました先で一品つくらせていただきました。ナイフを入れる前後でカメラを構えた女性陣と、あっという間に空っぽになったお皿。狙い通り! とドヤ顔をこらえていたのはわたしです。

チーズだけのセットでも、チーズじゃないものを合わせても

ブッラータだけではちょっとさみしいけれど、他のお店でトマトやフルーツを調達している余裕はない! そんなときも、ご心配なく。牛さんマークのギフトボックスに数種類のチーズを詰め合わせれば立派なギフトセットに。

170615_cheesestand_3.jpgセットにするならブッラータ以上に"出来たて"がおいしいとされるモッツァレラをぜひ。その名も「出来たてモッツァレラ」。冷たいまま食べても、加熱して食べても絶品です。

170615_cheesestand_4.jpg
「出来たてモッツァレラ」570円(税込)。

ちょっと違う雰囲気のものを足したいときには、焼いておいしい「カチョカヴァッロ」を。日持ちがするのに加え、パッケージの上からでも可愛らしいフォルム。ひとつ入れると、バランスが取りやすいですよ。

170615_cheesestand_5.jpg
「カチョカヴァッロ」1,300円/170g(税込)。※グラム数に応じて変動

また、『& CHEESE STAND(アンド チーズスタンド)』と名付けられた2号店では、"&"の前に入る食材=フレッシュチーズと合わせてほしいという思いが込められた食材やワインも販売しています。オリーブオイルや塩、はちみつ、ピクルス、オリジナルのグラノーラにパンケーキミックス......徒歩圏内に拠点を持つビーン トゥー バー チョコレートブランドのタブレットも。

『CHEESE STAND』と取引先の関係性って、一方通行じゃないんです。チーズを卸している先のシャルキュトリーをイートインメニューにオンリストしていたり、メニューに使用している食材の生産者の元を訪ねたり。2号店で販売しているものも、きちんとお付き合いがあること、そして敬意を払って置いていることを感じるものばかり。どれをセットにしても間違いありません。

ちなみに、わたしが「東京ブッラータ」と合わせてギフトにするのは、イートインでもいただくことのできるビオのロゼワイン「VETERE(ヴェテレ)/San Salvatore 1988」。

170615_cheesestand_6.jpg
水牛が耕した畑で収穫されたブドウから出来たてのフレッシュチーズに合うように仕上げられたロゼワイン「VETERE/San Salvatore 1988」3,460円(税込)。

ワイナリーのオーナー、ジュセッペ氏は、土地が健康な畑になるまでの約2年間とブドウの木を植えてからの約4年間、畑で水牛を家畜し、そのミルクからモッツァレラブッファラをつくり販売しながら畑を耕し続けたのだとか。チーズにつながるストーリーを持つワイナリーなので、ワイン選びに自信がなくても安心して合わせられる1本です。

渋谷から広がるチーズの輪

実は今回、この連載で紹介させていただくやりとりをしている最中に、なんと「東京ブッラータ」がフランス・トゥールで開催された国際チーズコンクールで銀賞を受賞しました。

これまでにも『CHEESE STAND』のチーズは国内外で数々の賞を受賞していますが、これでまた奥渋谷へ向かう人が増えることは必至。奥渋谷、そしてチーズ界への貢献度、本当にすごいと思います。

世界に認められた出来たてフレッシュチーズが東京・渋谷で買える喜びを噛みしめ、わたしもこの夏はますますお世話になりそうです。

アンド チーズスタンド(※テイクアウト専門店)

住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-43-7 1F営業時間:11:00〜20:00定休日:月曜、年末年始(月曜が祝日の場合は翌平日休み)http://cheese-stand.com

※ほかに、イートインがメインの1号店『渋谷チーズスタンド』、渋谷ヒカリエ内の『シンクス チーズスタンド』(チーズ販売のみ)の2店舗。オンラインショップもあり。

撮影/さくらい しょうこ

醍醐由貴子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    【ビジネス手土産 #24】鮮度命のブッラータ。選ぶのは渋谷産

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。