1. Home
  2. ライフスタイル
  3. NYで食べた極厚ステーキ。肉の激戦区・六本木で感動の再会

NYで食べた極厚ステーキ。肉の激戦区・六本木で感動の再会

NYで食べた極厚ステーキ。肉の激戦区・六本木で感動の再会

六本木の街はいま、肉グルメの激戦区。お肉が食べたいとき、とりあえず六本木に行ってから店を探しても問題ないくらい、さまざまなスタイルのお店が揃っています。

そして今年の夏、レストラン格付けガイドブック「ザガット ニューヨークシティ レストランズ」のステーキハウス部門で3年連続トップ3入りを果たしたステーキハウスが、日本に初上陸しました。

ニューヨークでは日本人にも大人気

3年連続トップ3入りのステーキハウス。それは、2017年6月30日(金)、六本木のミッドタウン近くにオープンした、「ベンジャミン ステーキハウス(BENJAMIN STEAK HOUSE)」です。

170704_steak_1.jpg

ニューヨーク・ブルックリンにある老舗のステーキハウス「ピータールーガー ステーキハウス (Peter Luger Steak House)」で経験を積んだ、ベンジャミン・プロブカイとベンジャミン・シナナージ、そして同店で約20年にわたりステーキマスターを務めたシェフ、アーテュロ・マクレッドが共同で、2006年、マンハッタンに創業しました。

アメリカ以外での出店は、日本がはじめて。日本を選んだ理由は、ニューヨークの店に訪れるお客様のうち、多いときには約3割が日本人という日があるほど、日本人に人気だからだそうです。

プライムビーフを日本の気候にあわせ国内熟成

ニューヨークのステーキ市場で3本の指に入るレストランのお肉。これは食べないわけにはいきません。さっそくその味を確かめに行ってきました。

いきなりステーキというのもなんなので、まずはクラブミートが入った「ベンジャミンサラダ」を。

170704_steak_2.jpg

そして、熟成肉がたっぷり入った「ベンジャミンスープ」で、口の中をステーキ受け入れ体制に整えます。

170704_steak_3.jpg

そしていよいよ、ステーキの登場です!

運ばれてきたのは、1kgは優に超えていることがわかる、大きな骨付き肉。聞くところによると、3人分で約1350g(骨込)あるそうです。USDA(アメリカ農務省)認定、最上級グレードを指す「プライム」のビーフをさらに厳選し、独自のドライ・エイジング製法を使い、日本国内で熟成しているとのこと。

170704_steak_4_2.jpg

よく耳にする肉の熟成期間は28日~30日程度が多く、「ベンジャミン ステーキハウス」でも、本国で提供するお肉は28日間熟成ですが、日本はアメリカとは気候も湿度も異なるため、日本でのベストタイムを探し、結果、40日ほどの熟成期間に設定したそうです。

ミディアムレアに焼かれたサーロインステーキをひと口食べて、なるほど納得。とにかく、お肉が柔らかい。それでいて、アメリカのサーロインらしい、しっかりとした食べごたえもあります。

外はカリッ、中はしっとり。ステーキの新しい食感を楽しんで

丁寧な熟成を思わせる柔らかさとともに特徴的なのが、あえて焦げ目をつけた、表面のカリカリ食感。「外はカリッ、中はしっとり」ってスイーツに使うような食レポフレーズを、まさかステーキに使う日がくるなんて、驚きです。

170704_steak_5.jpg

この「カリッ」の正体は、国内ではここにしかない高温デッキブロイラーによる焼き上げ技術。高温でササッと焼き上げることで、カリカリの表面と、旨みがしっかり閉じ込められた中面のしっとり食感の両方を楽しめます。

幅広いシーンで使える雰囲気

ダイナミックにいただくインパクト大のステーキとは裏腹に、お店の雰囲気は落ち着いたウッド調。ディスプレイを兼ねた約400種類のワインとセラーが、大人のリッチな夜を盛り上げています。

170704_steak_6.jpg

ひとつひとつの席がゆったりしていてプライベート感も保たれているので、デートにも接待にも使えそう。

他のステーキハウスとは明らかに違う個性をもつ「ベンジャミン ステーキハウス」のステーキ。六本木に肉を食べに来る機会がますます増えること、確定です。

ベンジャミン ステーキハウス 六本木/BENJAMIN STEAK HOUSE ROPPONGI

住所:東京都港区六本木7丁目14-4レム六本木ビル B1F 予約:050-3187-9089(10:00-22:00) 時間:ランチタイム11:30〜15:00(L.O. 14:00) 、ディナータイム月~土/17:00〜23:00 (L.O. 22:00)、日・祝/17:00〜22:00(L.O. 21:00)

http://www.benjaminsteakhouse.jp

  • facebook
  • twitter
  • hatena
力武亜矢
女性向け情報ライター。約20年に渡り女性マーケットの様々な業務に従事。コスメ、美容、開運、ジュエリー、着物などの販売、統括管理職、企画室長、広報職などを務めたのち、美容・健康を中心とした女性向け情報のライ ター、企業向けPRプランナーとして活動。過労による臨死体験を機に、上質な生き方についての情報発信にも積極的に取り組んでいる。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。