1. Home
  2. ライフスタイル
  3. #5 颯爽と歩きたくなる白シャツ【青木貴子のワードローブ】

#5 颯爽と歩きたくなる白シャツ【青木貴子のワードローブ】

#5 颯爽と歩きたくなる白シャツ【青木貴子のワードローブ】

洗練された女性を目指すとき、不必要な要素は削ぎ落としていく必要がある。内面的にも外見的にも芯が見えなくなる余計な厚塗り感は無くしたい。その中のひとつが「媚びる」こと。年齢を重ねれば重ねるほど「媚びない姿勢」が求められるようになる気がする。媚びない姿勢とは具体的に言うと「凛としていること」である。

気持ちも姿も、凛と美しく見せる

凛として美しいものにはほとんどの人が心を奪われる。「凛として美しいもの」に、もしもカタチがあるとしたら、そしてそれを身に纏うことができたなら、それはあなたを魅力的な人に見せる上で、最強の味方になってくれるんじゃないかと思う。

そんな最強なものって都合よく存在する? 答えはイエス。実は「凛として美しく見える服」というものはいくつか存在する。そのなかで日常的に取り入れやすく、誰にでもトライしやすく、そしてあなたのクローゼットのなかにすでにあるアイテムがある。それは白いシャツ

20170708_aoki_02.jpg

元来シャツは男性が着るアイテムであったためか、おのずと颯爽とした清涼感が漂う。その凛々しさは媚びを払拭してくれるのだ。女性がシャツを纏うときに凛としたオーラが放たれるのはそんな理由からではないだろうか。

そして色は白がいい。白の与える心理的効果は、清潔感、神聖、無垢、そして始まり。前に向かっての進化を感じさせる白はすっきりと新鮮な印象を作ってくれる。

自分に似合う白シャツの選び方

白いシャツは誰しも1枚は持っているであろうベーシックなマストハヴアイテムであるけれど、あなたの持っているシャツが凛々しさを感じさせる1枚かどうかのチェックをして欲しい。

まずは自分にフィットしているかどうか。襟の大きさ、ネック周りのアジャスト感、開いて着たときの第2ボタンの位置etc...。サイズ感(もちろん素材やシルエットによってその落とし所は変わるけれど)に十分に拘って選んで欲しい。購入時には入念な試着が必要、ちょっとでも違うなと感じたらそのシャツはあなたを素敵に見せてくれないと心得て(直感で素敵と思えない服はもう買わないに限る)。

メンテナンスもおしゃれのうち

そしてもうひとつ大事なのがメンテナンス状態。そのシャツは黄ばみの無い真っさらな、溌剌とした白さを保っているだろうか? 袖口のよれや擦れはないだろうか? キリリとした質感を保つためにはやはりクリーニングをお勧めしたい。色の鮮度を保つ、そしてパリッとしたアイロンがけ、シンプルなアイテムこそプロの手によるメンテナンスが必要になってくる(見た感じだけではなくシャツの持ちが歴然と違ってくる)。

以上の点に留意して凛として見える白いシャツをワードローブにぜひ加えて欲しい。

折しも憂鬱になりがちな梅雨時分は、清涼感を放つ白いシャツが一段と映える季節。今度の雨の日は綺麗な白いシャツで出掛けてみては如何だろうか? 鬱陶しさから気持ちを前向きにシフトし、あなたを「凛として美しい人」に見せてくれるに違いないから。

撮影/柳原久子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。