1. Home
  2. ライフスタイル
  3. まる・さんかく・しかく。禅の思想づくしの和アフタヌーンティー

まる・さんかく・しかく。禅の思想づくしの和アフタヌーンティー

まる・さんかく・しかく。禅の思想づくしの和アフタヌーンティー

夏目漱石の小説「吾輩は猫である」にも登場する和菓子店「空也」がパレスホテル東京とコラボレーションし、和のアフタヌーンティーを提供することが決まったそうです。

伝統+革新=新しい食文化

20170806_afternoon_03.JPG

銀座・並木通りにある「空也」は、連日「本日は売り切れました」と貼り紙を出すほど、行列が絶えない人気和菓子店。130年の歴史を受け継ぎながらも常に革新を続けてきた5代目、山口彦之氏の和菓子へかける情熱と、同じく伝統を守りつつ新しい分野を切り開くパレスホテル東京の思いが一致し、新しい食文化の提案として、2017年9月1日(金)~11月30日(木)の間、パレスホテル東京1Fロビーラウンジ「ザ パレス ラウンジ」で、「アフタヌーンティー~まるさんかくしかく~」が提供されることになりました。

お重でかなえる和のアフタヌーンティー

20170806_afternoon_02.jpg

今回のアフタヌーンティーのテーマは、禅の思想をイメージとして描き出すときに用いられる「〇△□(まるさんかくしかく)」。それぞれの形を表現したお菓子や料理をお重に詰めることで、和風のアフタヌーンティーを楽しめるようになっています。

20170806_afternoon_01.jpg

3つの形のうち、〇(まる)の段は山口氏が担当。ひよこ豆やダークチョコレート、柑橘系フルーツなど洋の素材を使い、さまざまな餡にアレンジしています。

△(さんかく)は、パレスホテル東京のシェフ、岡村英司氏が担当。稲荷寿司を三角にするという発想が斬新。三角の代表的フード、サンドウィッチとともに。

□(しかく)は、同ホテルのペストリーシェフ、窪田修己氏によるもの。紫蘇や柚子など、和素材をふんだんに使いながらも、洋のスイーツに仕上げて遊び心を演出しています。

さらに、別段のプチお重もついています。ここにはなんと、「空也」で連日売り切れ必至の「空也もなか」が。彩り豊かな最中種を、好みの餡でいただくこともできます。

和菓子の素晴らしさを世界へ

20170806_afternoon_04.jpg

和のアフタヌーンティーを作ることを決めた思いを山口氏は、「和菓子をもっと身近に、世界中の人たちに伝えたいと考えています。和と洋の垣根を越えた、不変的な一品を創ることを目指しました」と語っています。

イギリス発祥のアフタヌーンティーに和菓子を加えるという発想が、もしも海外でも楽しまれたら、それは日本人としても嬉しいこと。でもその前に、和のアフタヌーンティーが、日本人であるわたしたちに和菓子を楽しむ機会を増やしてくれたことは、間違いなさそうです。

アフタヌーンティー~まるさんかくしかく~

場所:パレスホテル東京1F ロビーラウンジ「ザ パレス ラウンジ」

期間:2017年9月1日(金)~11月30日(木)

料金:1名 4,600円、グラスシャンパン付き 6,600 円(税込サ別)

問い合わせ:03-3211-5309

[パレスホテル東京]

  • facebook
  • twitter
  • hatena
力武亜矢
女性向け情報ライター。約20年に渡り女性マーケットの様々な業務に従事。コスメ、美容、開運、ジュエリー、着物などの販売、統括管理職、企画室長、広報職などを務めたのち、美容・健康を中心とした女性向け情報のライ ター、企業向けPRプランナーとして活動。過労による臨死体験を機に、上質な生き方についての情報発信にも積極的に取り組んでいる。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。