1. Home
  2. キャリア
  3. 頭を休めて体を動かす。成功する人の休日の過ごし方

頭を休めて体を動かす。成功する人の休日の過ごし方

頭を休めて体を動かす。成功する人の休日の過ごし方

仕事でベストなパフォーマンスを発揮するためには、休日の過ごし方も大切です。休日の限られた時間に効率的に充電できれば、仕事の質もアップするでしょう。しかし、どういう過ごし方をすれば、エネルギーを回復できるのでしょうか?

そんなとき、「BUSINESS INSIDER JAPAN」の「成功できない人が3連休にやりがちな11のこと」という記事が目にとまりました。つまり、これと反対のことをすれば「成功する人の休日の過ごし方」になるわけです!

今回は、そのなかから4つをピックアップしてご紹介します。

不健康なストレス解消法はNG! 体を動かして頭を休めよう

「ストレスを解消するのが大切」というのは周知の事実ですが、問題はその方法。成功できない人は、以下のようなことをやりがちなんだとか。

1. (不必要に)散財する

成功できない人は、連休中の自己管理ができず、財布が空になるまで散財してしまう。短期間に衝動買いをし過ぎるのは、本当にまずい。

予算の範囲内で目いっぱい楽しみたいなら、近場で過ごすか、日中、屋外で気をつけてお金を使ってはどうだろうか。

2. 不健康な生活を送る

成功できない人は、さまざまな理由をつけて定期的な運動を怠り、不健康なものに手を出してしまいがちだ。3連休は、良い習慣をサボる絶好の機会だ。

ストレス解消目的で不必要なモノを衝動買いしたり、お酒やジャンクフードをたくさん摂りすぎると、その一瞬はスッキリするかもしれませんが、後から後悔などのネガティブな気持ちがこみ上げてくるはずです。

これらの行動は心と体両方の健康に悪影響を及ぼすため、キャリアアップにとっても良いわけがありません。

スポーツやお出かけなど、健康的であまりお金のかからない方法でリフレッシュするようにしましょう。

仕事のことは考えない! スマホやPCもできるだけオフに

仕事で成功......というと、とにかくがむしゃらに頑張ることが大切だと思われがち。ですが、同記事によると、休日にも仕事を頑張るのはあまり良くないのだそうです。

3. 働き続ける

成功できない人は、仕事上のメールに返信したり、忙しさをアピールするためだけの仕事に夢中になって、休暇を無駄遣いする。

運悪く連休中ずっと働かざるを得ないのであれば、仕方がない。しかし自ら選んで休日に自宅作業をしているなら、話は別だ。それは燃え尽き症候群の一歩手前か仕事中毒のサインだ。

本当に生産的でありたいなら、休暇中にだらだらと続けてはいけない。仕事に割く時間を決めて、その時間内に済ませるべきだ。

4. 仕事のことばかり考える

連休中ずっと働くよりはましだが、それでも仕事について常に考えているのは良くない

仕事が大好きで、頭から離れないのなら、それも仕方がない。しかし成功できない人は、休み明けのことを気にするあまり、リラックスしたり、目の前の時間を楽しむことができない。

休日は、あくまでエネルギーを回復するための時間。思い切って仕事のことは忘れて、「楽しむこと」や「リラックスして自分を癒すこと」に集中した方が、平日の仕事の質も上がります。パソコンやスマホなどは、できるだけオフにしておいた方が仕事のことをうまく頭から追い出せるかもしれませんね。

同記事で紹介されている11個の項目をまとめると、休日は「できるだけ頭を休めて体を動かし、家族や休日など大切な人と一緒にアクティブかつ健康的に過ごす」のが正確なようです。

休日は、本来休むべき時間。中途半端に仕事に関することをするのではなく、メリハリの効いた生活を送るよう心がけたいですね。

「成功できない人が3連休にやりがちな11のこと」、残りの項目は「BUSINESS INSIDER JAPAN」でチェックしてみてください。

[Business Insider Japan] photo by Getty Images

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    頭を休めて体を動かす。成功する人の休日の過ごし方

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。