1. Home
  2. コミュニケーション
  3. ちょっとした言葉選びでポジティブな印象をつくるには

ちょっとした言葉選びでポジティブな印象をつくるには

山本未奈子のビジネスコミュニケーション

ちょっとした言葉選びでポジティブな印象をつくるには

経験によってコミュニケーションのスキルも高まる40代。その一方で、年齢を重ねれば重ねるほど陥りやすい問題もあると、山本未奈子さんは語ります。

大人にしかできないコミュニケーションとは? そして未奈子さんが「女性は40代から!」と声を大にする理由とは? 連載5回目も「未奈子節」が炸裂です。

褒められたら謙遜せず、素直に感謝しよう

20170922_minako5-1.jpg
笑顔と笑いが絶えない未奈子さんの撮影現場。大好きなヘアメイクさん&スタイリストさんと

みなさま、こんにちは。山本未奈子です。

40代ともなれば、ビジネスコミュニケーションスキルを自在に使いこなして......といきたいところですが、なかなか難しいですね。私は相手のいいところを見つけて褒めることを心がけているのですが、「お世辞が上手ですね」という言葉が返ってきてしまうと、ちょっと寂しい気持ちになります。本当にそう思っているのに、と。

40代になると肌や髪の悩みも増え、自分にどんな服が似合うのかがわからなくなったという声もよく耳にします。そんな思いが「私なんて全然」と自分を卑下させてしてしまうのかもしれませんが、とても魅力的なのにもったいないと思います。ネガティブな言葉で返すと「何か変なことを言っちゃったかな」なんて、相手に気を遣わせてしまいかねません。

私は褒めてもらったら、素直に「ありがとう!」と大いに受け入れます(笑)。もし素直に受け入れるのが恥ずかしければ、「〇〇さんに言われるとうれしいです」と答えれば、謙虚な姿勢と相手への好意を伝えることができるのではないでしょうか。

できるだけポジティブな言葉を使ってみる

20170922_minako5-2.jpg
趣味はゴルフ。「楽しいことが最優先。日に焼けてもしっかりケアすればOK!」(写真左が未奈子さん)

大学生のときに読んだ就職活動攻略本に「面接ではネガティブなことは絶対に言ってはいけない。できないこともできると言え!」と書いてあったのを、いまだに教訓として守っています。やったことがない仕事でも「できます!」と言ってしまうので、あとから大変なのですが(笑)、一理あるかなと思います。

「最近、会社どうですか?」と聞かれて、「う~ん、まあまあです」とネガティブに答えれば、それまで。一緒に仕事をしたいとは誰も思いません。謙遜する気持ちでそう答えるのかもしれませんが、次にはつながらないと思います。「ポジティブですごく楽しそう」「充実した毎日を送っていそう」という人の周りには、自然と人が集まると思うのです。

私だったら「ありがとうございます、すごく順調です!」と答えます。友だちに「元気?」と聞かれたら「絶好調!」と答えますし、飲み会の席ではただの「乾杯」じゃつまらないので、「バラ色の人生に乾杯」と必ず言います(笑)。ちょっとした言葉選びでポジティブな印象をつくれると思いますし、そう言い続けると自分でも本当にそう思えてきます

40代だからこそ発揮できるコミュニケーション

20170922_minako5-3.jpg
この日は中国向けの動画撮影。美意識の高い中国メディアの質問に、的確に答える

この連載を始めさせていただいてから、40代が目指すべきコミュニケーションについてよく考えるようになりました。20代30代のころは、コミュニケーション能力に長けている人といえば、頭の回転が速い人やムードメーカー的存在を思い浮かべていました。ですが、40代で身につけておきたいのは「相手が心地よいと感じるコミュニケーション」だと思うようになりました。

相手の気持ちを察し、的確な言葉を返すことができる。決して不快な思いはさせない。そんなコミュニケーションができるのは、大人の余裕があってこそ。

「女性は40代から」だと本気で思っています

最近つくづく思うのが、「女性は40代から」ということ。知識と経験によって磨かれた外見と内面の美しさ、身につけた技術と経験値を合算したら、40代の女性に20代30代の女性はかなわないと思います。女性らしさや艶っぽさも40代になって初めて出てくるような気がします。だから私は50代になるのがとても楽しみ。若い世代がもてはやされる日本ですが、私は「40代キャンペーン」を張っていこうと思っているんです!

どうかご自身を卑下することなく、「ありがとう!」「絶好調!」と口に出してみてください。「バラ色の人生に乾杯」もおすすめの言葉ですが、相手によっては引かれてしまいますのでご注意を(笑)。

山本未奈子(やまもと・みなこ)さん

1975年生まれ。12歳から大学卒業までをイギリスで過ごす。32歳のとき、夫の転勤でNYへ渡り、好きだった美容を学ぶため、NY有数の美容学校へ入学し、首席で卒業。同校で教鞭を執るまでに。その後、拠点を日本に移し、2009年に「MNC New York Inc.」を設立。この年に発表した「SIMPLISSE(シンプリス)」は人気の美容ブランドとして成長。現在はヘアアクセサリーブランド「France Luxe(フランス ラックス)」やエステティックスパ「SPA DAMAI(スパ ダマイ)」の運営など、美容家としてのみならず、「全女性が美を通じて充実した日々を送れるよう支援する」をモットーに多方面で活躍している。著書多数。

撮影(1枚目)/柳原久子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    ちょっとした言葉選びでポジティブな印象をつくるには

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。