1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 2018年のバレンタインは、オバマ元大統領が愛したチョコレートをお取り寄せ!

2018年のバレンタインは、オバマ元大統領が愛したチョコレートをお取り寄せ!

2018年のバレンタインは、オバマ元大統領が愛したチョコレートをお取り寄せ!

そろそろバレンタインが気になるシーズン。美味しさはもちろん、ストーリーが詰まったチョコレートを贈りたいもの。

ぜひ候補に入れたいのが、アメリカのシアトル郊外の工房で手作りしている「Fran's Chocolates(フランズ チョコレート)」。オバマ元大統領も大好物だったというチョコレートです。

ひとりの女性の挑戦から始まったチョコレート

20171108_frans_1.jpg

「フランズ チョコレート」が誕生したのは1982年。創業者のフランさんが1969年に旅先のフランスでアメリカにはないリッチで繊細なチョコレートに出会ったのがきっかけです。

アメリカにないのであれば自分で作ってしまおう! と決意してチョコレートづくりに没頭。研究と試作を重ね、1982年シアトルの一角にチョコレートショップをオープンさせました。

20171108_frans_2.jpg

今ではシアトル郊外のジョージタウンに工房兼ショップを構え、フォーシーズンズホテル内の店舗などシアトルに4店舗を構えています。さらに、全米のセレクトショップでも販売され、アメリカを代表するチョコレートブランドに成長しました。

夢を実現させるバイタリティを持つ彼女はとっても素敵。現在では息子さんがパティシエとして、娘のアンドリーナさんがCEOとして、2代目たちもチョコレート作りに加わりました。

シアトルのショップにはカフェスペースも完備。平日11時からは10ドルでチョコレート見学とチョコレートテイスティングができます。

未来へのビジョンと愛情に包まれた優しい味わい

20171108_frans_3.jpg

訪れたときはハロウィン用のチョコレート作りが佳境を迎えていました。ひとつづつ丁寧に作られていきます。

フランズのチョコレートは、素材から作り方まで徹底されています。季節のフルーツやオーガニックのナッツなど、チョコレートに使うものはオーガニックの素材を厳選し、それを工房でひとつずつ手作りしています

20171108_frans_4.jpg

スタッフには方にアジア系の方が多かったのですが、それはボートピープルの人々を優先的に採用しているから。経営方針にも、フランさんの人柄が表れています。

20171108_frans_5.jpg

チョコレートの種類は季節に寄って異なりますが、フランズを代表するチョコレートといえばナショナルスペシャリティー食品展示会(National Association for the Specialty Food Trade, Inc.)で金賞を受賞した「グレイソルトキャラメル」と「スモークソルトキャラメル」です。

20171108_frans_6.jpg

オバマ元大統領がオーダーしたチョコレートとしても話題になりました。オバマ元大統領のサイン入り専用ボックスもあります。

トッピングされている大粒のソルトは、それぞれがベストなバランスになるように、チョコレートの種類と塩の種類を変えています。とろけるような口溶けと、甘さと塩味のハーモニーは奇跡のような美味しさ。私もソルトキャラメルの大ファンになってしまいました。

20171108_frans_7.jpg

チョコレートを入れるボックスの種類も豊富。漆塗りのBOXなども用意されています。

大の日本好きというフランさん。プレゼント用ボックスの中には、漆塗りでオーダーした専用ボックスや茶箱ボックスなども用意してありました。フランズのチョコレートは日本からのオーダーも可能です。また、シアトルと姉妹都市の神戸に本社を構える「フェリシモ」でも取り扱いがあります。

美味しさもストーリーもとっておき。来年のバレンタインのチョコレート選びで迷っている方にぜひおすすめしたいチョコレートです。

Fran's Chocolates(フランズ チョコレート)

ジョージタウン店住所:5900 Airport Way S., Seattle電話:206-508-4535定休日:日曜※工房見学ができるジョージタウン店のほか、シアトル市内に4店舗[Fran's Chocolates

取材協力:シアトル・ワシントン州観光事務所、松田京子(コーディネーター)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
美濃羽佐智子
編集者、ライター。出版社勤務を経てフリーランスとなり、2011年から3年間をタイ・バンコクで暮らす。アジアを旅するエディター・ライターユニットTom☆Yamのメンバーとしても活動中。共著に『キレイを叶える週末バンコク♡』(ダイヤモンド社)、『タイ行ったらこれ食べよう!』(誠文堂新光社)。http://www.team-tomyam.com/

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。