1. Home
  2. ライフスタイル
  3. まぶたの淀みや顔のくすみは「オレンジ色で払う」が正解

まぶたの淀みや顔のくすみは「オレンジ色で払う」が正解

まぶたの淀みや顔のくすみは「オレンジ色で払う」が正解

いくつになっても瞳に光がある人は美しい。

とりわけ年齢を重ねると、瞳がその人の内面の美しさを物語ることがあります。でも加齢とともに、瞳の輝きを曇らせる原因のひとつとなるのが「まぶたの淀み」です。

目元の印象が変わってきたら「まぶたの淀み」かも

日々パソコンと睨めっこしているキャリア層を悩ませるのが、目の疲れ。毎晩しっかりアイケアをしている人でも、夕方になるとお疲れ目元になってしまうもの。

30代のころはくすみだけで済んでいたのに、40代になるとたるみも加わり影もできるからまぶた周辺に「淀み」が生まれてしまうのです。

オレンジシャドウの知られざる3つのポイント

20171116_lunasol_2_1.jpg

そんなまぶたの淀みに役立つのがオレンジのアイシャドウ。なぜ淀みにいいのか、オレンジが持つ3つの特性から紐解いてみましょう。

ひとつ目は「肌色に近い色」だから。肌色より少し濃いオレンジで血色感を与えることで、くすみを自然にカバーできます。

ふたつ目は「進出色」だから。進出色とは赤やオレンジなどの暖色系で、前に飛びだして見える色のこと。くぼんだ部分をふっくら見せてくれるので、下まぶたのたるみや上まぶたの窪みが気になる人はピンポイント塗りするのがおすすめ。

3つ目はオレンジが「青の補色」だから。たるみによって下まぶたに生まれるクマは青黒い影を生みますが、この影の部分にオレンジをふんわりのせると目元が明るくなるのです。

ルナソルの「オレンジ」が淀みを浄化

「LUNASOL(ルナソル)」から11月17日(金)に発売される「Candle Night Collection 浄化メイク2017 winter」は、キャンドルの光にインスパイアされたコレクション。

20171116_lunasol_2.jpg
ルナソル ウォームキャンドルアイズ ウォームコーラル、ピンクチャコール、アイボリーネイビーの3色 4,000円(税抜)

アイシャドウ「ルナソル ウォームキャンドルアイズ」は、キャンドルのように穏やかで温かなオレンジと、ルナソルらしい艶やかで上品なラメの2色パレッド。

「EX01 ウォームコーラル」のオレンジシャドウ(写真一番上、パレットの右側)をアイホールと下まぶたに薄く重ね、まぶたの淀みをカバー。さらにラメを重ねると輝くツヤが出現し、瞳に輝きとキャンドルのような温かさが宿ります。

顔全体にさっとチークをのせて、くすみを払う

20171116_lunasol_3.jpg
ルナソル オイルリップバーム ピンク、レッド、ボルドーの3色 3,000円(税抜)

「ルナソル オイルリップバーム」は、透けるような発色でうるうるの唇に仕上げてくれるリップ。唇の状態によって発色が変わる上に、時間が経つにつれてあざやかに色づいていく一本です。

20171116_lunasol_4.jpg
ルナソル カラーリングソフトチークス ベージュレッド、ローズピンクの2種 2,500円、ルナソル チークカラーコンパクト 1,500円、ルナソル フェース用ブラシ 1,000円(すべて税抜)

さらに「ルナソル カラーリングソフトチークス」は、鉄板の人気カラーが入った「01 ベージュレッド」がおすすめ。自然な血色感と立体感ある顔に仕上げてくれます。ヘアメイクさんいわく、くすみが気になったら顔全体にさっとチークをのせるのもおすすめだそう。

キャンドルナイトコレクションはこの他にも、アイライナー、やネイルまでこの冬のためのアイテムが勢ぞろい。この冬はオレンジの力をかりてみて。

ルナソル

文/諫山由梨子 photo by Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    まぶたの淀みや顔のくすみは「オレンジ色で払う」が正解

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。