1. Home
  2. キャリア
  3. 忙しない仕事を乗り切るために、使える北欧ヒュッゲの知恵

忙しない仕事を乗り切るために、使える北欧ヒュッゲの知恵

忙しない仕事を乗り切るために、使える北欧ヒュッゲの知恵

ずいぶんと早いスピードで寒い冬がやってきました。年末年始はオフィスもあわただしい様相。なんだか気持ちも急かされてしまいます。

寒くて忙しいときからこそ、オフの時間を心地よく幸せに過ごしたいもの。芳子ビューエル著『世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし』 より、世界一幸せな国といわれるデンマークの文化「ヒュッゲ」についてご紹介します。

自分だけの居場所である「マイチェア」を用意する

デンマークの人たちのマイチェアに対するこだわりも、なかなかのもの。そもそも彼らは、ダイニングのチェアであれ、スツールであれ、「椅子」なら何でも好きなようですが、マイチェアへのこだわりは格別です。長い冬の間、室内で過ごすことの多い彼らにとっては、マイチェアこそが、自分が「いちばん長い時間を過ごす」場所なのですから、無理もないでしょう。

071ページより引用

2012年から行われている国際連合の幸福度調査で、デンマークは過去3回において首位に輝いていると著者はいいます。「世界一幸福な国」といわれるデンマークの独特な文化「ヒュッゲ(Hygge)」。欧米で一大ブームになっているのも、うなずけるところ。「ヒュッゲ」とは、デンマーク語で「幸福」「心地よさ」を表す言葉なのですから。

仕事を終えて帰宅して、ひとしきり落ち着いたら、夜のひとときをお気に入りのソファでゆっくりくつろぐ。あるいは、休日の朝、パジャマ姿のまま、お気に入りの椅子に座って空を眺めながらコーヒーを飲む。そんな場所があると想像するだけで、早く帰りたいという気持ちになるものです。

「ヒュッゲ」の考え方と、家やインテリアは切っても切れない関係。ことに、自分自身がくつろげる場所として、デンマーク人は特に椅子へのこだわりが強いのだとか。

本当の自分に帰ることができる場所としてのマイチェア。私たちももう少しこだわって選んでみても良さそうです。

ヒュッゲな交流のキーワードは「共有」と「素」

私が考えるヒュッゲなおつきあいのキーワード、その第1は「共有」です。温かい時間の共有、快適な空間の共有、愉快な体験の共有......。中略

その2は「素」であること。自然のまま、あるがままのおつきあいです。たとえば、ディナーに招待されて友だちの家を訪ねても、奥さんがいつもと違うドレスを着ているようなことはありません。ふだんと同じです。

088~089ページより引用

デンマーク人にとっての「ヒュッゲ」は、厳しい冬を乗り越えるための"暮らしの知恵"といわれていて、家族や友だちと集まって「あたたかい時間」「快適な空間」を共有することにあるといいます。

おいしい食事、仲間と集って場所や時間を共有する。だからといって、ディナーの招待客には「お客様扱い」をまったくしないのだとか。素のままに、一緒に料理の支度をして、おいしくいただく楽しい時間。ときに、密接な人間関係は煩わしくなるものですが、それぞれが心地よさを大切にしているから、問題はおきないのでしょう。

ちなみに、お隣の国スウェーデンには「ヒュッゲ」と似たような「脱力」や「ポジティブにあきらめる」といった意味合いの「ラゴム」という言葉もあります。

気持ちよく働くために、人にも自分にも素のままで心地よい場所や時間を意識的に作って。この冬はヒュッゲな感覚を日常生活に取り入れてみたいものです。

世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし

著者:芳子ビューエル発行:大和書房定価:1,400円(税別)

photo by Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
ナカセコ エミコ
(株)FILAGE(フィラージュ)代表。 書評家/絵本作家/ブックコーディネーター。女性のキャリア・ライフスタイルを中心とした書評と絵本の執筆、選書を行っている。「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”を運営中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。