1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 宴を盛り上げるのは、今年一番話題をさらった「あの一族」のスパークリングワイン!

宴を盛り上げるのは、今年一番話題をさらった「あの一族」のスパークリングワイン!

宴を盛り上げるのは、今年一番話題をさらった「あの一族」のスパークリングワイン!

2017年は何かと話題の中心だったトランプ米大統領ですが、トランプ家がワイナリーを所有していることを知っていますか?

20171220_trump_3.jpg

トランプ家の次男エリック・トランプ氏が代表を務めるのが、「トランプ・ワイナリー」。赤と白、スパークリングワインを醸造しています。スパークリングワインは特に力を入れて生産しているそうで、数々の受賞歴を誇っています。

コンクール受賞歴もあるスパークリングワイン

20171220_trump_2.jpg

そのスパークリングワイン「ブラン ド ブラン2010」が日本でも3,000本限定で発売開始しました。価格は12,000円(税抜)。全国の百貨店や高級スーパーのほか、インターネットなどで販売されます。

伝統的なシャンパーニュ方式を採用し、22か月熟成させたこのスパークリングワインは、サンフランシスコ国際ワインコンクールで金賞を受賞した実力派。青リンゴやレモン、梨の花の香りを持ち、口に含むとシトラスノートを感じる、切れのある酸味が特徴です。マイルドなチーズやアペリティフ、寿司など、さまざまな食事にあわせることができます。

アメリカワインの誕生の地、バージニア

20171220_trump_1.jpg

トランプワイナリーのあるバージニアはアメリカワインの誕生の地。品質に定評があるバージニアのワインですが、ほぼアメリカ国内で消費され、これまで本格的に輸出されることがありませんでした。

20171220_trump_4.jpg

トランプワイナリーは、バージニアでもっとも大きなワイナリーのひとつを、トランプ家が買収して誕生したワイナリー。1,300エーカー(526ヘクタール)もの広大な敷地には、オリンピック湖を含む大小の湖が複数存在しています。湖によって気温の上昇を抑制し、ブドウの生育に適した環境を維持しているのだそう。栽培されるブドウの約半量をスパークリングワインに用いることが、トランプワイナリーのこだわりなのだそうです。

2018年の幸福を祈って

トランプ家のワインは「勝利のワイン」とも呼ばれ、縁起のいい「勝負のワイン」「成功のワイン」として、米国内でも高い人気を誇っています。トランプ氏の大統領就任以降、入手困難な状態が続いているのだそうです。パーティシーズンには、クリスマスや忘年会の話題づくりに試してみるのも面白そうです。

スパークリング ブラン ド ブラン2010

価格:12,000円(税抜)https://ginza-t.com/

photo by Gettyimages

  • facebook
  • twitter
  • hatena
小林聖
インターネット黎明期よりIT業界にてさまざまな業務に関わる。多くのWEBメディアや携帯サイトのコンテンツ制作を経験したことから、ライターに。 過去にオランダに四年、香港に三年半生活。現地ローカル企業での就職もあり、さまざまな文化に触れた経験を生かしてグルメや旅、ラグジュアリーホテルなどの記事を担当。 プライベートはむしろアナログを好み、漫画より小説、テレビより映画を偏愛。また普段から着物を愛好し、普段着物研究家を自称。日常で着物を着る人を増やしたいと、ブログでの情報発信や普及活動も行っている。 http://www.daily-kimono.tokyo/

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。