1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 2018年の色「ウルトラバイオレット」は、スーパーフードで取り入れる

2018年の色「ウルトラバイオレット」は、スーパーフードで取り入れる

2018年の色「ウルトラバイオレット」は、スーパーフードで取り入れる

ウォール・ストリート・ジャーナルで色の世界で最も影響力のある一人と称された、リアトリス・アイズマン女史が来日して、パントン社は毎年のトレンドカラーを発表する「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2018」を発表しました。50年以上にもわたり世界のカラーオーソリティーとして、ファッションはもちろん、家具、業界デザイン、製品パッケージなどあらゆる業界向けにカラートレンドを提供しているパントン社。2018年の色は「ウルトラバイオレット」に決定しました!

北海道のラベンダー畑にもインスパイアド

IMG_4961.jpg

2018年の色「ウルトラバイオレット」の決定したのは、日本の影響もあったそうです。色を決定する「パントン・カラー・オブ・インステェイテュート」のスタッフが、北海道にある建築家の安藤忠雄氏がプランニングした「頭大仏殿」のラベンダー畑を見て、インスパイアされたことも選定基準のひとつになったそうです。

もちろんこの「ウルトラバイオレット」に決定したのは、日本だけの影響ではありません。「パントン・カラー・インスティテュート」のスタッフは、世界中を旅しながら、ファッションコレクションでのランウェイ、モーターショーなど様々な場面で、このパープルが使われていることに気付いたそうです。

さらに、食材においても「ウルトラバイオレット」は注目されています。アサイーやサツマイモ、紫ニンジン、紫キャベツなどのエキゾチックなフルーツや野菜は、食卓に鮮やかで洗練された印象を与えます。2018年は紫色のスーパーフードをうまく取り入れたいですね。

自己表現にも使いたいウルトラバイオレット

20171219_color_2.jpg

プリンス、デヴィッド・ボウイ、ジミ・ヘンドリックスといったカリスマミュージシャンは、パープルを自己表現の一環として使っていましたよね。ウルトラバイオレットの深みは、周りに同調せず、創造性を高める時に使う色です。

アイズマン氏曰く「私たちは独創性や想像力が求められる時代に生きています。ブルーを基調にしたパープル、『PANTONE 18-3838 Ultra Violet』は、生来の創造的なインスピレーションで、私たちの意識と潜在性をより高いレベルに引き上げます。『パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー』は、デザイン界のトレンドを示す以上の意味を持っていて、今世界で必要とされていることを反映しています」

今までは全く使ってない色かもしれませんが、全世界で必要とされているなら使ってみる価値はありそうです。来年は「ウルトラバイオレット」を使って、自分を高めてみたいですね。

Pantone

取材・執筆/Hiroko Yah、photo by Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    2018年の色「ウルトラバイオレット」は、スーパーフードで取り入れる

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。