1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 正統派フレンチの世界を存分に。トゥールダルジャンで優雅に年越し

正統派フレンチの世界を存分に。トゥールダルジャンで優雅に年越し

正統派フレンチの世界を存分に。トゥールダルジャンで優雅に年越し

フランスのパリの最高級グランメゾン「トゥールダルジャン(Tour d'Argent)」。パリで400余年の歴史を誇り、伝統的でありながらも革新的な料理の数々に定評があります。その世界唯一の支店「トゥールダルジャン 東京」で年末年始時間を華やかに過ごすためのディナーとランチコースが提供されるというではありませんか。

1万坪の日本庭園をのぞむ優雅なダイニング

171225_french_1.jpg

それぞれ「晩餐」「午餐」と名付けられた優雅なコースの舞台は、パリ本店と同様に400余年の歴史を持つ1万坪の日本庭園をのぞむダイニングルーム。ゴージャスかつエレガントな空間は、まるで貴族の邸宅を彷彿とさせます。まさに一年の締めくくりと新年の幕開けにふさわしい時間を過ごすことができます。

さらにはエグゼクティブシェフ、ルノー・オージエによる新作料理もお目見えするというのですから期待が高まります。

正統派フランス料理の華麗なる世界

気になるメニューですが、いくつかご紹介しましょう。

171225_french_2.jpg

年末年始を飾る優雅なる晩餐」メニューより、「幼鴨のロースト アルバ産白トリュフ奏でるスペッツェルとルブローション」。

高山植物を食べた乳牛のミルクを用い、山で手作りされた貴重なチーズ「ルブローション」と旬を迎えた白トリュフの極上の風味、そして、鴨のエッセンスを煮詰めてフォアグラを加えたクリーミーなソースで味わう幼鴨のロースト。黄金色に輝くソースが視覚でも華やかに楽しませてくれます。

171225_french_3.jpg

新春の午餐会」メニューより、「アンコウのムニエル アンディーブと柑橘のプレッセ 芳香な白ワインソース」。

香りよく表面をカリッと焼き上げた旬のアンコウを芳醇な白ワインソースで味わう一皿。バターナッツのムースに添えた甘さと上品なほろ苦さのアンディーブと柑橘のさわやかさのハーモニーで香りも楽しめる一品です。

171225_french_4.jpg

さらにシェフパティシエ、ロイック・ピヴォによる華やかなデザートや、シェフソムリエ、野坂昭彦セレクトのワインとのマリアージュなど、正統派フランス料理の世界をあますことなく楽しめそうですね。

この一年頑張った自分へのご褒美に、そして新しい年のスタートを祝って、お正月は伝統的な時間を過ごしてみるのも素敵な過ごし方かもしれません。

年末年始を飾る優雅なる晩餐

期間:2017年12月26日(火)~2018年1月5日(金)※月曜日定休時間:17:30~(20:30最終入店)※12/31(日)は17:00~料金:26,500円/名 ※飲物・税サ別

新春の午餐会

期間:2018年1月2日(火)、3日(水)時間:12:00~(13:30最終入店)料金:16,000円/名 ※飲物・税サ別(23,000円 ※飲物・税サ共)

トゥールダルジャン東京

  • facebook
  • twitter
  • hatena
小林聖
インターネット黎明期よりIT業界にてさまざまな業務に関わる。多くのWEBメディアや携帯サイトのコンテンツ制作を経験したことから、ライターに。 過去にオランダに四年、香港に三年半生活。現地ローカル企業での就職もあり、さまざまな文化に触れた経験を生かしてグルメや旅、ラグジュアリーホテルなどの記事を担当。 プライベートはむしろアナログを好み、漫画より小説、テレビより映画を偏愛。また普段から着物を愛好し、普段着物研究家を自称。日常で着物を着る人を増やしたいと、ブログでの情報発信や普及活動も行っている。 http://www.daily-kimono.tokyo/

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。