1. Home
  2. ライフスタイル
  3. アンダーズ 東京で、ひと足お先にサクラの季節

アンダーズ 東京で、ひと足お先にサクラの季節

アンダーズ 東京で、ひと足お先にサクラの季節

ヒンディー語で「パーソナルスタイル」を意味する「アンダーズ」は、ハイアットが手がける日本初のラグジュアリー ライフスタイルホテルです。その国や都市の特徴をデザインやサービスに積極的に採り入れたアンダーズのスタイルは、旅慣れた人に高い人気を誇っています。その「アンダーズ 東京」から、一足先に春を楽しむことができるスペシャルメニューがお目見えしました。

ルーフトップ バーできらめく夜景とともに

20180102_andaz_1.jpg

毎年人気のルーフトップ バー「さくらガーデン」では、デイタイムは桜いっぱいのアフタヌーンティーブッフェを、そしてナイトタイムはコーススタイルの「夜桜ディナー」を楽しむことができます。

「夜桜ディナー」では、可愛らしい手まり寿司やシグネチャーのロブスタービスクなど充実した前菜。さらに、メインはサーロインステーキ、そしてデザートの桜と苺のデザートをブッフェスタイルで思う存分楽しむことができます。ロゼのグラスシャンパンもついているのでお花見気分も盛り上がること間違いなし。飲み足りないと思うようなら、2時間のフリーフロー付きのプランもあります。

期間限定のボタニカルカクテルも

さらに今春は話題のボタニカル(植物)を使用したカクテルが期間限定で登場。今話題のミクソロジストの吉原泰敏が、世界各国のジンとそれぞれの国をイメージした植物をコンビネーションしてクリエイト、まるで植物園に訪れたかのような華やかな6種のカクテルを楽しむことができます。

20180102_andaz_2.jpg
画像左から順に、ジャパニーズ フィズ、イタリアン フィズ、ジャーマン フィズ、ブリティッシュ フィズ、インドネシアン フィズ、フレンチ フィズ

ジャパニーズクラフトジンのROKUと、日本の春の代名詞である桜を組み合わせた「ジャパニーズ フィズ」は、可憐で優しげな桜の香りのなかに山椒のスパイシーさがアクセントを添える味わい。シナモンやレモングラスですっきりとした味わいの「インドネシアン フィズ」は、ジャスミンの香りがエキゾチックなカクテルです。この国はどんな植物をイメージしているのだろう、と想像しながらオーダーするのも楽しいかもしれませんね。

心弾む春を待つ喜び

20180102_andaz_3.jpg

それ以外にもペストリー ショップでは春を感じる「さくらスイーツ」を期間限定で販売します。AO(アオ)スパ&クラブではいちごと酒粕を使った「フレッシュ スプリング」コースを用意。まさに全館春の香り満載でゲストを迎えてくれます。笑顔いっぱいの桜シーズンが待っています。

お花見アフタヌーンティー at さくらガーデン

期間:2018年3月30日(金)~ 4月1日(日)、4月6日(金)~ 8日(日)、4月13日(金)~ 15日(日)時間:14:00~17:00(ラストオーダー16:30)場所:東京都港区虎ノ門1-23-4 アンダーズ 東京andaztokyo.jp

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    アンダーズ 東京で、ひと足お先にサクラの季節

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。