1. Home
  2. キャリア
  3. キャリア好転につながる「自信のある話し方」のコツ

キャリア好転につながる「自信のある話し方」のコツ

キャリア好転につながる「自信のある話し方」のコツ

どんなに優れたプレゼンでも、自信なさそうな声では説得力がありません。プレゼンや面談を成功に導くために知っておきたい声の出し方、使い方があります。

改善すべきポイントを見極める

プレゼンがうまくいかない......というとき、まずチェックしてほしいのが声のリズムや大きさです。

・リズム:まくしたてるように話したり、休みなく話したりすると、神経質だと思われがちです。(中略)

・大きさ:声が小さすぎたり、大きすぎたりすると自信を示せません。普段より少し大きめの声を出すように心掛けましょう。不快に感じさせず、でも相手にはっきりと聞こえる大きさです。

Lifehacker[日本版]」より引用

また、声のトーンも重要。疑問文のように語尾を上げる話し方は、自信がないと捉えられてしまいマイナスの印象です。さらに、「えーと」など無意識に使ってしまいがちな「つなぎ言葉」にも注意しましょう。

・つなぎ言葉:「あー」「えーと」「それで」などのつなぎ言葉は、スピーチの円滑な流れを妨げます。(中略)

・口癖:自分の口癖を分析するには、友だちの力を借りるといいでしょう。たとえば、考える時間がほしいときに「それはいい質問ですね」と言うことが多いなど、口癖は周りの人に聞くとすぐにわかります。「お話中に申し訳ありません」「関係があるかどうかはわかりませんが」などの言葉は、せっかくの意見が自信なさげに聞こえる場合があるので要注意です。

Lifehacker[日本版]」より引用

「そういえば声が小さいし、つなぎ言葉をよく使う」といった傾向に気づいたら、そこを意識的に修正していくとよいそう。これらのポイントを改めるだけで、話す内容の説得力が増しそうです。

Lifehacker[日本版]

photo by Gettyimages

谷崎文香

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    キャリア好転につながる「自信のある話し方」のコツ

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。