1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 普段づかいを目標にしたい。仏王室御用達のシルバーウェア

普段づかいを目標にしたい。仏王室御用達のシルバーウェア

普段づかいを目標にしたい。仏王室御用達のシルバーウェア

「Christofl(クリストフル)」のカトラリーをご存じですか? フランスのクリストフルは、19世紀にフランス王ルイ・フィリップから王室御用達の認定を受けたカトラリーブランド。いまでも世界各国の大使館、公邸、一流ホテルやレストランで「食卓の芸術品」として愛用される高級シルバーウェアを提供しています。

今回、そのクリストフルから新しいコレクション「La RUCHE(ラ・ルーシュ)」が発売されました。

デザインイメージはミツバチの巣

このコレクションは、ミツバチの巣をイメージしたドーム型が印象的なケース入り。クリストフルの象徴のひとつである蜂からインスピレーションを得ているのだそうです。

20180104_la_rouche_1-2.jpg

カトラリーは、普段使いに重宝するテーブルサイズとデザートサイズのスプーン、フォーク、ナイフ、そして来客の際にも便利なサービングスプーンとフォークが入った計38本セット。人気シリーズのマルリー、マルメゾン、ジャルダン・エデンの3種類。手持ちのテーブルウェアとのマッチングも考えながら選べます。日常の食卓から、来客やパーティなど、シチュエーションを選ばずに愛用できそうですね。

20180104_la_rouche_2-2.jpg

クリストフルシルバー製のカトラリーは通常の約10倍の厚さのシルバーでコーティングされているため、子どもや孫の代まで長く愛用できるのだそうです。また、シルバーは口当たりがよく食材の本当の味を邪魔しないと言われます。ヨーロッパの家庭では銀のスプーンを持って生まれてきた子供は一生食べ物に困らないという言い伝えもあり、豊かさのシンボルでもあります。

日常を豊かにグレードアップする

アラフォーともなれば、少しずつ自分自身や生活にも投資をしていきたいもの。身につけるものや、使用するものなど、無理のない範囲で少しずつアップデートしていくのは、とても幸せな気分になりますよね。

20180105_larouche_3.jpg

2018年はこんなカトラリーを日常使いに。王侯貴族とはいかないまでも、そんな目標を胸に、新年は思い切って投資してみるのも素敵かもしれません。

クリストフル La RUCHE(ラ・ルーシュ)

価格:595,000円(税抜)公式HP

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    普段づかいを目標にしたい。仏王室御用達のシルバーウェア

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。