1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 海外勤務で見えてきた! 日本と海外「できる上司」の共通点

海外勤務で見えてきた! 日本と海外「できる上司」の共通点

海外勤務で見えてきた! 日本と海外「できる上司」の共通点

ハリウッド映画に登場する職場の有能な上司といえば、高級スーツを着こなし自信たっぷり。トラブルが起きても冷静に対処する進取果敢な姿で描かれますが、実際のところはどうなのでしょうか。海外勤務経験のあるビジネスパーソンが、海外と日本のボスについて考察。できる上司の共通点をこう語っています。

海外と日本、できる上司の共通点

海外と日本の仕事ができる上司で、とくに際立っていたのがこのような姿勢です。

1. 自分から声をかける

オフィスで勤務している方は特にパソコンが仕事相手になることが多いと思いますが、できる上司は部下のデスクに上司自ら声をかけにいきます。

2. 声のトーンが常に落ち着いている

自信がある人は声にも張りがあり、声が人一倍通ります。その一方、常に落ち着いているトーンで自分の主張を伝えられます。

3. 現場を確認にくる

仕事ができる人は自分の感性を信じる方が多いので、必ず現場に来て自分の目で何が起こっているか確認します。電話やメール、SMSのみというのは論外でしょう。

Lifehacker[日本版]」より引用

ここから推測できるのは、できる上司は現場やそこで働く部下に適度に目を配っているということ。そして、デジタルに頼りすぎずコミュニケーションを重視していることでしょうか。そのほかにも、病欠しないことや服装がお洒落であることなどが挙がっていました。

できる上司とは部下とのコミュニケーションや自分の体調管理、セルフプロデュースといったビジネスの基本を怠らない人のよう。無理にできる上司を目指すよりも、ビジネスパーソンとしての基本を大切にすると自ずと部下はついてくるのかもしれません。

Lifehacker[日本版]

photo by Gettyimages

谷崎文香

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    海外勤務で見えてきた! 日本と海外「できる上司」の共通点

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。