1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 部屋を片付けられないのは、意思決定力が弱いから

部屋を片付けられないのは、意思決定力が弱いから

20180119_ml_1

片づけについて、「その人自身の判断基準をはっきりさせれば、部屋は自然に片づく」と言うのは、空間心理研究家・伊藤勇司さん。掃除や収納のノウハウにとどまらない、伊藤流「片づけられる心のつくりかた」を紹介します。

自分軸が定まらないと優柔不断になる

数多くの「片づけられない女たち」に出会ってきた伊藤さんは、彼女たちの傾向をこう分析しています。

「他人や状況に自分を合わせる、いわゆるいい人が多い」一方で「自己肯定力が過度に低かったり、こうしたいという決断力に欠けたりする」

MYLOHAS」より引用

いきなりショッキングな指摘ですが、要は「自分軸が定まっていないことが、モノの要・不要を選別できない優柔不断な姿勢につながる」という意味のよう。いわれてみれば納得です。 では、片づけができるようになる秘訣とは何でしょう。

片づけの前に、ブレない軸をもつ

伊藤さんは、片づけのtips よりも、まずは心の姿勢を変えるのが先決だと説きます。

人に気兼ねせず、一貫した自己表現をしていくこと。 片づけられないお部屋の主は、他人を気遣って相手に合わせた意思決定をする傾向が強いそう。いつも言葉や態度を変えているために、思考が散らかりやすいと言います。(中略)一貫した自己表現ができる自分づくりが、自分にとって心地よく過ごせるお部屋づくりにつながります。

MYLOHAS」より引用

このような人は「好きなことやかなえたいことを素直におもてに出して」と伊藤さん。少しずつ自己主張をする場面を増やすといいようです。

お気に入りのモノ・人と濃くかかわる

さらに、一つひとつのモノをていねいに扱うことも重要です。

数はすくなくてもお気に入りのモノ・信じ合える人と濃くかかわって、満たされた感覚をしっかり味わうことで部屋を散らかしにくい心の状態に入っていけます。

MYLOHAS」より引用

今年、部屋の整理や断捨離を目標にしている人は、参考にしてみてはいかがでしょうか?

MYLOHAS

photo by Shutterstock

谷崎文香

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    部屋を片付けられないのは、意思決定力が弱いから

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。