1. Home
  2. キャリア
  3. 『オーシャンズ8』ケイト・ブランシェット48歳の悪役っぷりが粋!

『オーシャンズ8』ケイト・ブランシェット48歳の悪役っぷりが粋!

20180118_oceans_1

サンドラ・ブロックの最新作、『オーシャンズ8』のアメリカ公開が2018年6月8日に決定し、予告編が登場しました。

メットガラでジュエリーを狙う女たち

ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット主演『オーシャンズ11』シリーズのスピンオフでもあり続編にもなるそうです。おまけに主演陣がすべて女性キャストとあって、撮影前から注目されていた本作。キャッチフレーズ「Every Con Has Its Pros.」は、幾重にも意味が込められていて絶妙。「con」には「詐欺/詐欺師」や「反対/ものごとのマイナス点」という意味が、「pro」には、「プロフェッショナル」と「賛成/ものごとのプラス点」の意味があります。

予告編は、サンドラ演じるデビー・オーシャンが仮出所するところから始まります。デビーは『オーシャンズ11』でG・クルーニーが演じたダニーの妹。サンドラはチームを結成し、ニューヨークで毎春に開催されるファッション業界最大のイベント、メットガラという大舞台でセレブのつけているジュエリーを狙います。豪華なメットガラの裏側がのぞけるだけではなく、アナ・ウィンターを始め多くのセレブが本人役で登場するというのも女心をくすぐります。

ケイト・ブランシェットに熱視線

アン・ハサウェイリアーナら多彩な主演陣を率いるサンドラ・ブロックは、53歳という年齢が信じられないぐらいキュート。でも、わたしが一番注目しているのは、サンドラの相棒を演じるケイト・ブランシェットなんです。この15年ほど、映画界でメリル・ストリープの後を継ぐのはふたりのケイト、つまりケイト・ウィンスレットとケイト・ブランシェットだと友だちに力説していたわたし。

しかし、2017年には『マイティー・ソー バトルロイヤル』で美しく残忍な悪役を演じ、マーベル作品にまで進出してしまったブランシェット嬢、ぐっと水をあけている感ありです。『オーシャンズ8』では、プラチナブロンドのボブに濃いめメークが迫力。「kick-ass(タフでかっこいい)」なケイトの姿がまた楽しめそう。うーん、48歳でこんな役がこなせるなんて、かっこよすぎるのです。

Variety

photo by Gettyimages

  • facebook
  • twitter
  • hatena
ぬえよしこ
通算21年のアメリカ生活=テキサス居住歴の東京テキサス人。立教大学英米文学科卒、北テキサス大学院映画専攻修了。映画・航空・教育業界で、ずっと日本語と英語を使っています。ほどほどに都会、ほどほどに田舎、なんでもでっかいダラスで、好きなことや興味のあることを書いています。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。