1. Home
  2. ライフスタイル
  3. スティックファンデでハイライト。生え際はグレーシャドウで描けばいい

姿勢のよい顔 ー顔マネジメントで印象を操作するー

スティックファンデでハイライト。生え際はグレーシャドウで描けばいい

20180228_hori_makeup_03

多くのキャリア女性から絶大な支持を得ているヘアメイクアップアーティストがいます。その人は、エイジングをフルカバーして知性美を引き出す魔術師、プラスナインの堀紘輔さん

堀さん直伝、オンの顔に自信を与えてくれる「堀キャリメイク」を、パーツ別にポイントをまとめた動画で解説していきます。

顔の余白はシェーディングで埋める

前回までで、ベースメイク〜眉アイメイクが完成しました。今回はシェーディングとハイライトでベースメイクを一層美しく際立たせていきます。

顔は立体的な方が美しく見えるもの。生え際から輪郭、そして首筋まで大きめのブラシでシェーディングを入れて陰影を際立たせます。顔の余白を埋めるイメージで

ハイライトは、あえて「スティックファンデ」で

ハイライト=お粉だと思っていませんか? じつはスティックファンデを使うと、Tゾーン、頬、顎の質感が、より美しく際立ちます。

薄く伸ばしたベースメイクに対して、ハイライトは少しずつ重ねるようにスポンジを押し当てるのがポイント。使ったのはメイクアップフォーエバーのウルトラHDスティックファンデーション。

「生え際シェーディング」で若返り

薄くなった生え際には濃いグレーシャドウをのせれば、キュッと引き締まった若々しい表情に。歯ブラシ型ブラシを使うと便利です。顔の余白が少なくなるので小顔効果も期待できます。額は丸くなるように意識してシェーディングしてみて。

堀キャリメイクには、仕上がりナチュラルな裏技が満載

ハイライトにスティックファンデを使ったり、生え際をメイクしたりなど、常識を覆す堀キャリメイク。一気に仕上がりへ。

「二段仕込みベース」でくすみを払え。眉を洗練させる3つの秘技

アイシャドウはパール一択。アイメイクは「点線ライン」をマスターせよ

ハイライト位置は「たるみの影」限定。唇にはヒアルロン酸メイクを注入

たった1分。メイク後の秘伝マッサージで顔を引き上げよ

マイナス10歳を実現せよ。堀キャリメイクでエイジング悩みをフルカバー

動画・スチール撮影/moco.(Kili office)、ヘアメイク/堀紘輔(プラスナイン)、モデル/児玉博子、取材・文/諌山由梨子、企画・構成/寺田佳織(カフェグローブ編集部)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
cafeglobe編集部

    姿勢のよい顔 ー顔マネジメントで印象を操作するー

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。